ニュース

米国男子シェル・ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

H.メイハンが逆転で今季2勝目!

◇米国男子◇シェル・ヒューストンオープン最終日◇レッドストーンGC(テキサス州)◇7,457ヤード(パー72)

首位と2打差の単独2位からスタートしたハンター・メイハンが、最終日に逆転に成功し、ツアー通算5勝、今季2勝目を飾っている。

3日目に8つのバーディを量産し、2位に浮上したメイハンだったが、この日はチャンスにつけるも我慢のゴルフを強いられ、中盤までパーを重ねた。折り返し手前の9番(パー3)で、この日ようやく1つ目のバーディを奪うと、続く10番で約1.5mを沈めて再びスコアを伸ばした。14番(パー3)ではティショットを右に曲げ、グリーンサイドのバンカーに入れると、これを寄せきれずボギーとしたが、その後はパーで凌ぎ、通算16アンダーで逆転優勝を飾った。この勝利でメイハンは今季「WGC アクセンチュアマッチプレー選手権」に続く2勝目で、FedEXカップポイントランキングで首位に立った。

単独2位には、2バーディ、1ボギーの「71」をマークしたカール・ペターソン(スウェーデン)が通算15アンダーでフィニッシュ。さらに首位からスタートした、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)が、最終日2つのダブルボギーを叩く乱調で「75」とスコアを落とし、通算14アンダーの単独3位に続いた。

昨年覇者のフィル・ミケルソンは通算12アンダーで、ジェフ・オバートンキーガン・ブラッドリーらと並び4位タイでフィニッシュしている。

関連リンク

2012年 シェル・ヒューストンオープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~