ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:08/02〜08/05 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

モンスター攻略 ~ファイヤーストーンCC16番パー5~

■スネデカー、クーチャーの見方

ブリヂストンスポーツと用具契約を結ぶブラント・スネデカーは今大会のホストプロのひとり。2週間前の「全英オープン」では2日目終了時にトップに立つなど、好調なプレーを見せ、3位タイでフィニッシュする活躍。前週の「RBCカナディアンオープン」にも出場し、連戦で今週のトーナメントを迎え「全英、先週の試合といい状態が続いている。いまの調子でこの4日間を戦えることに興奮している」と笑顔で話した。

そのスネデカーは16番、モンスターについて「見ての通り本当にタフなホール。2オンは不可能といって良いし、ティショットからウェッジのショットまで高い精度が求められる」と話した。「オーソドックスではあるけれど、1ホールがすべてにおいて素晴らしい“テスト”になっている」

<< 下に続く >>

ティグラウンドが日によっては数十ヤード前方に出されるケースもあるが、同選手が思い描く理想のルートは、ドライバー、5番アイアンでフェアウェイにレイアップ、そして100ヤードのウェッジショットからのバーディ奪取。「去年は予選ラウンドでバーディを取れたけれど、第3ラウンドでは池に入れてしまった」とトッププレーヤーといえど、ひとつのミスは大叩きに直結してしまう。

その上でスネデカーは「一番大切なのはレイアップするショット、2打目になるだろうね」と説明した。「逆に言えば、ティショットでミスをした場合もそこが大事になる。1打目、2打目を終えて170ヤードくらい残すようでは、一気にピンチになる。フォローの風が吹けば、(縦幅の短い)グリーンでとめるのは難しくなるね。レイアップしたにも関わらず、ラフに入れてしまっては、ノーチャンスだ」

それでも、もうひとりのホストプロ、今季は「ザ・プレーヤーズ」を制したマット・クーチャーは「特別視はしないこと」とキーポイントを掲げた。「名物の16番ホールだからといって必要以上に警戒せず、他のパー5をプレーする際と同じように考えていくことが大切だと思う」

その言葉と同じことを意図しながらスネデカーは付け加えた。「むしろ大切なのは2番のパー5。たくさんの選手がバーディを取ってくるだろう。パー、ボギーでは序盤のリズムをつかむのが難しい」。2つしかないパー5のうち、16番は努めて冷静に切り抜け、チャンスホールの17番、ティショットの落としどころに気を使う最終18番にいかに入っていくかがポイントとなりそうだ。

■日本人選手の見方
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!