ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 場所:ロイヤルリザム(イングランド)

羽川豊の全英レポート/初日

大会前の雨の影響でボールが止まりやすいグリーンになり、バーディ合戦でトーナメントが幕を開けました。午前中にスタートした選手たちがあれだけスコアを伸ばすと、午後の選手も積極的にドライバーを使い、その中でショットの良い選手が順当に上位を占めています。

日本勢では武藤俊憲選手がティショットに安定感を見せて、素晴らしいスタートを切りました。この日のタイガー・ウッズらと同じように、着実にフェアウェイをキープしてチャンスを多く作ったことがすべて。グリーンがいくら止まるとはいえ、ラフに入れてからではバーディは望めません。

<< 下に続く >>

一方で石川遼選手は、前半はアンダーパーでプレーしましたが、後半に入り11番あたりからリズムを崩してしまったようです。狙ったところと打ち出しが異なり、苦しいラウンドが続きました。ティショットが10番では左、13番は右、14番は左、15番は右といった具合に、ボールが散り、ボギーが重なりました。どちらか一方に曲がり続けているのであれば、早い段階で修正を施せたかもしれません。

この日の後半にスタートしたロリー・マキロイは、しっかりと午前組の選手についていきました。スイング中の回転軸が安定し、ドライバーの曲り幅も少なく、6つのバーディを奪うことに成功しました。

2日目の戦いを左右するのも、まずはティショット次第といったところ。206個のバンカーをまず避け、スコアを伸ばしていくという争いになりそうです。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!