ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 ロイヤルリザム(イングランド)

A.スコット首位発進 ウッズ、マキロイ、武藤俊憲らが3打差6位タイ

◇海外メジャー◇全英オープン初日◇ロイヤルリザム&セントアンズ(イングランド)◇7086ヤード(パー70)

2012年の海外メジャー第3戦が好天に恵まれて開幕。アダム・スコット(オーストラリア)が「64」をマークし、6アンダーで単独首位スタートを決めた。1打差の2位タイにポール・ローリー(スコットランド)、ザック・ジョンソン、ニコラス・コルサート(ベルギー)。さらに1打差の4アンダー単独5位にブラント・スネデカーがつけている。

トップから3打差の3アンダー6位タイにタイガー・ウッズアーニー・エルス(南アフリカ)のほかロリー・マキロイ、(北アイルランド)、バッバ・ワトソンら8人。メジャーを制した数々のビッグネームの中に、武藤俊憲が5バーディ、2ボギーとして名を連ねた。

その他の日本勢はメジャー初出場の藤本佳則が1オーバーの54位タイ。ともに午後にスタートした谷口徹小田孔明は2オーバー80位タイとした。4年連続の出場となった石川遼は終盤に5連続ボギーを叩くなど精彩を欠き「74」で4オーバーの115位タイ。その他の日本勢、藤田寛之は6オーバーの143位タイ、高山忠洋市原弘大は7オーバー150位タイと出遅れた。

アダム・スコット、好発進の裏にあった意識改革>
今年のマスターズでは「75」、全米オープンでは「76」。「守りに入りすぎていたというより、むしろ我慢し過ぎていた」とメジャー大会での初日のプレーを振り返るスコット。「だから今日は、初日の1番ホールを最終日最終ホールのつもりでプレーすることにした」と意識を変えた。「1番ティからスイッチオンで、数ホール様子を見るようなことはしなかった。それが大きな違い。特別良いショットが打てたわけではなかったけど、最初から自分のやっていることに集中していた」と、スタートから飛び出した。

前半を3バーディ、1ボギーで折り返すと、後半も16番までに5つのバーディを奪って通算7アンダーに。メジャー大会では過去誰も「62」というスコアを記録したことが無いが、ここロイヤルリザム&セントアンズはパー70の設定。あと1打までその記録に迫っていた。

「ああ、誰も62を出したことをないのは知っていた。17番ティでトイレに行こうとした時にリーダーズボードを見て、パー70だったことを思い出した。そして、自分が62を出せるんじゃないかって意識した。こういう考えは持たない方がいいから、すぐにその考えを頭から消したんだけど、残念ながら最終ホールで落としてしまったね」。

それでも、コースレコードに並ぶ「64」で単独首位に立ったスコット。苦手だったパターも「劇的に改善した」と自信をのぞかせる。この貯金を活かし初メジャー奪取へと挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。