ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 ロイヤルリザム(イングランド)

全英オープンの作り方/競技委員・山中博史のロイヤルリザムレポート<2>

英国ロイヤルリザム&セントアンズで行われる2012年の「全英オープン」に出場を果たした日本人選手は総勢8人。しかし、そのロープの内側でプレーヤーとともに、ボールの行方に冷静に目を凝らす一人の日本人がいる。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の山中博史専務理事。かつて、青木功のキャディを務め、ここ10年来、海外4大メジャーすべての試合で、競技委員を務めている。トーナメントにおいて、欠くことのできない存在であるレフリー。それが“世界一”を決めるビッグイベントであれば重要度は一層高くなる。今回は大会を通じ、レフリーとしての立場、そして日本ツアーの代表としての立場から、全英の戦いをレポートしていただく。(GDO編集部)

「いよいよ今年の全英オープンが開幕しました。競技委員としての初日は午前9時31分にスタートしたダスティン・ジョンソングレーム・マクドウェル(北アイルランド)、そして日本の藤田寛之選手の組に帯同しました。藤田選手はアイアンショット、パットともに苦しく6オーバー。1番で3メートルくらいのバーディチャンスがあったのですが、それが外れ、少しパットのフィーリングがつかめなかったのか、2番ボギー、3番ダブルボギーと悪い流れになりました。

アイアン、長いクラブでのショットが右へ流れる傾向があり、少し体が疲れているのかな、という印象を受けました。苦しいところで得意のショートゲーム、パットが決まらなかったのが痛かったのではないでしょうか。

一方、同組のマクドウェル選手は最終18番をボギーとしましたが、3アンダーと好位置でスタート。18ホール中ボギーも3つ出ましたが、バーディの数が多いことが好スコアに直結。とはいえ、ミスショットをしても“絶対に行ってはいけないゾーン”には外さないところが強さの一端です。

初日は風がほとんどなく、地面がウェットな状態でしたから、ショットが安定した選手はアンダーパーが出るコンディションでした。今大会のロイヤルリザム&セントアンズは、鮮やかな緑がコースを覆っています。大会前に雨が多かった影響で洋芝がほどよく育ち、全英オープンとしては珍しい光景です。

今回は我々競技委員の持ち物について少しご説明しましょう。大会から支給されるユニホームとして、ロゴの入ったジャケットやシャツ、ズボン、セーターのほか雨具、帽子があります(今大会はラルフローレン製)。そして、レフリーにとって欠かせないグッズもいくつか。競技委員用のマニュアルのほか、ルールブック、ヤーデージ、ピンポジションのシートやプレーの時間を計測するストップウォッチ。また、伸ばせば何メートルもある1本の“ヒモ”もあります。これは選手たちのボールがOBゾーンにあるかどうか判定したり、グリーン上でカップからボールの距離を測り、どちらの選手が先に打つか裁定を下すときなどに使います。それから、カップの縁がかけてしまって修復するとき等のために、プレーヤー同様、グリーンフォークも持ち合わせています。

ストップウォッチといえば、今大会は各組4時間30分で18ホールを完了するタイムテーブルになっています。しかしながら、今日は風が無い中で4時間45分かかりました。2日目以降、風が吹いた状態であれば5時間超えてしまうことでしょう。とはいえ、今週は天候に恵まれる時間帯が多い見込みで、明日も上位選手のスコアが伸びる可能性は高そうです。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。