ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

参加を拒んだ全英コースを徹底批判!そんなファンクにオブジェクション!

先週の「U.S.バンク選手権 in ミルウォーキーオープン」での2位が効いて、フレッド・ファンクのライダーカップ米国選抜メンバー入りはほぼ確定となってきたが、試合後の記者会見で出た話はその2位を評価するものではなく、ロイヤル・トゥルーンで開催された「全英オープン」を欠場した批判に集中した。

フレッド・ファンク
「僕も悩みました。全英には行くつもりでした。本当に悩んだんです。しかし全英では良い結果が出せたことがない。ミュアフィールドは好きだったけど、カーネスティはふざけていると思ったし、ロイヤル・セントジョージスは最低だった。セント・アンドリュースはもちろん素晴らしかったけど・・・。この4会場で参戦してきた。どれも僕の成績はひどかった」

ジャック・ニクラスにも聞いたんだけど、彼もロイヤル・セントジョージスを気に入ってはいなかった。どれだけの選手がロイヤル・セントジョージスを気に入ったかは知らないけど、僕は行ってコースを見て最低だと思った。自分がプレーしたコースの中で最悪だと思ったんだよ。そして今年のロイヤル・トゥルーンも似たようなものだと聞いていたから、行きたくないと思ったんだ。自分のプレーの調子も悪かったしね。だから同時期にPGAツアーで開催される『BCオープン』に出た方がライダーカップ・ポイントも獲得できるかと思って、参戦したんだ。もちろん全英に参戦しないことですでに批判を受けると思っていたし、さらに裏で開催される試合に出るとなるともっと批判されることは承知の上だった。いろんな意見があって当然だ。しかし僕にとってはライダーカップのポイントを確保することが何よりも大事なことだったんだ」

◇最新ライダーカップ・ポイント・ランキング

1位: 1,781.667 タイガー・ウッズ
2位: 1,755.250 フィル・ミケルソン
3位: 1,114.107 デービス・ラブIII
4位: 814.479 ジム・フューリック
5位: 780.107 ケニー・ペリー
6位: 695.125 デビッド・トムズ
7位: 680.000 チャッド・キャンベル
8位: 596.959 フレッド・ファンク
9位: 530.937 スティーブ・フレッシュ
10位: 504.143 ジェフ・マガート
11位: 498.625 ジェリー・ケリー
12位: 496.250 スコット・バープランク
13位: 465.917 ジェイ・ハース
14位: 455.833 ティム・ヘロン
15位: 450.000 トッド・ハミルトン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。