ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

チャック全開も…愛すべきビッグレフティ/海外ゴルフ回顧録

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、各国で大規模イベントが中止や延期に追い込まれた2020年。プロゴルフも例外ではなく、選手たちの熱戦を見られない期間が続いています。自粛ムードが漂うなかではありますが、再開のときが来ることを信じ、ゴルフカメラマンの厳選写真で世界のゴルフに思いを馳せます。(JJ田辺カメラマン)

衰えぬフィル・ミケルソン人気

さて、衝撃写真です。こちらは2009年ニューヨーク州ベスページ州立公園で行われた「全米オープン」でのシーン。ティショットを放ってから、仮設トイレで用を足してきたフィル・ミケルソン。周りのギャラリーが大声援を浴びせた後に、クスクスと笑っています…。不思議に思い、あとで写真を見直してみると…、あら、ズボンのチャックが全開。途中気づいたミケルソンは、照れ笑いを浮かべてジッパーを上げながらも、堂々とプレーを続けていました。

<< 下に続く >>

メジャー通算5勝、PGAツアーで歴代9位の44勝。ビッグレフティにはタイガー・ウッズにも勝るとも劣らない視線が向けられます。実績で言えば、非の打ちどころのないアメリカンヒーローのようですが、その人気はコミカルなキャラクターと、おっちょこちょいな人柄にもあると感じます。最近ではCMで(ヘタクソな)ダンスを披露したりと憎めません。

開催が9月に延期された今年の「全米オープン」の会場、ウィングドフットGCには因縁があります。同大会が前回当地で行われた2006年、ミケルソンは最終日の最終ホールでマネジメントミスからダブルボギーをたたき、1打差で優勝を逃しました。惜敗のコメントは「ボクはバカだ(I’m an idiot)」。他のメジャーの3タイトルはすでに手にしていますが、この「全米オープン」は過去6回2位となり、キャリアグランドスラムを達成できていません。

6月16日が誕生日のミケルソンは今年50歳になります。シニア入りはおそらくすぐにはせずに、まだまだレギュラーツアーを引っ張っていってくれることでしょう。そして、9月には14年越しの“リベンジ”もかかっています。これからもどうか、僕たちの三枚目ヒーローでいてください!

田邉安啓(JJ)
福井県出身。ニューヨークを拠点にゴルフカメラマンとして活動する。1991年に渡米し、大学卒業後の96年から米国のゴルフ場で勤務した。98年からゴルフカメラマンとして、PGAツアーやLPGAツアーを撮影。現在は年間30試合以上を取材。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!