ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹、石川遼、今平周吾…ご当地プロの活躍を調べてみた

2020/04/19 09:30

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、トーナメント中止が続いている国内男子ツアー。終息の見通しが立たない中でも、選手たちは来たるべき“開幕戦”に向けて日々、技術を磨いている。試合ではもちろん優勝を目指すわけだが、加えてシーズンを通しての目標が賞金ランク65位以内までに与えられる来季出場権となる賞金シードの獲得だ。

そこで2000年から2019年までの20年間、賞金ランク65位以内の選手1300人の出身地を調べ、47都道府県の活躍ぶりを比べてみた。

<< 下に続く >>

まず第1位がツアー5勝の横尾要、米ツアーを主戦場とする小平智の東京で96回。続いて丸山茂樹、2016年の賞金王・池田勇太の千葉89回と同じ関東圏が続いた。

2009年賞金王・石川遼と18年、19年賞金王・今平周吾の埼玉は38回で10位につけた。米ツアーでも活躍する松山英樹の愛媛は5回で28位だった。

興味深いのが国内女子ツアーとの違いだ。人数が違うために一概に比較はできないが、同期間の賞金シード(同ランク50位以内)の選手1000人の出身地を調べた結果では、北海道が2位の34回だったが、男子ではわずか1回だった。

<2000年以降、賞金ランク65位以内に入った出身地別の主な選手>

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!