ニュース

国内女子ワールドレディス選手権 サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

前年覇者L.トンプソンが2年連続出場 宮里藍は2年ぶり8度目

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 事前情報◇茨城GC西コース◇6670yd(パー72)

国内女子ツアーのメジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」は5月4日(木)から4日間、茨城県つくばみらい市の茨城ゴルフ倶楽部西コースで開催される。主催する日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は11日、米国女子ツアーで活躍する世界ランク5位で前年覇者のレキシー・トンプソンが、2年連続で出場することを発表した。

今年で45回目の歴史ある大会。トンプソンは今月初めの海外女子メジャー初戦の「ANAインスピレーション」でプレーオフ負けを喫し2位に終わったものの、今季トップ10が3度と好調をキープ。日本での試合出場は、15年11月に三重県で行われた米国女子ツアー「TOTOクラシック」、昨年の今大会に続く3回目となる。

舞台をコースフェアウェイ幅が広く、距離の長い東コースから、より戦略的な西コースへ3年ぶりに変更した。飛距離だけでなく、綿密なコースマネジメントが求められる。ツアー通算7勝(メジャー1勝含む)の飛ばし屋は、今季ここまで6試合に出場して、平均飛距離は275.614ydで部門3位。ショット精度が問われる舞台で前年覇者はどんなプレーを見せるか。

また、特別承認枠で宮里藍が2年ぶり8度目の出場を果たす。今季の国内女子ツアーは開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」に続く2戦目。地元ファンが駆けつけた開幕戦ではギャラリー数が前年比150%を記録するなど、“藍ちゃん人気”は健在。関東近郊の開催とあって、大勢のギャラリーによる盛り上がりを予感させる。

海外勢ではほか、2016年の韓国女子ツアーのポイントランクKLPGA大賞を受賞したコ・ジンヨン(21=韓国)の出場も発表された。(編集部・糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ワールドレディス選手権 サロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。