ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

最下位も宮里藍効果 4日間のギャラリー数が前年比150%

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 最終日(5日)◇琉球GC(沖縄県)◇6617yd(パー72)

6年ぶりに地元大会に出場した宮里藍を見ようと、4日間で計2万1654人のギャラリーが会場を訪れた。宮里は決勝ラウンドに残った選手の中で最下位の59位タイで終えたが、同じく4日間競技で行われた昨年大会の1万4190人のギャラリー数を大きくしのぐ盛り上がりだった。

地元のヒロインのプレーをファンがいかに楽しみにしていたかが分かるギャラリー数だが、それは最終18番のプレーを終えると「藍ちゃん、また帰ってきてね~」の声がスタンドから相次いだことからも感じることができた。

最終日だけを比較しても昨年からギャラリーは3694人増の8894人となった。今大会の1日での最高ギャラリー数は2007年の最終日で1万3964人。宮里が6位になった大会だ。歴代2位は2005年の最終日の1万3141人で、宮里がディフェンディングチャンピオンとして臨んだ大会(最終順位は27位タイ、優勝は藤野オリエ)。宮里がプロ初優勝した2004年の最終日は1万2081人で歴代3位だ。

宮里は「良いところを見せられなかったけど、思い入れがすごく強い大会なので4日間プレーできてよかった。この結果で爽やかな気分で終われるのも沖縄だからだと思う。機会があったらまた出たい」と、地元ファンから多くの力をもらって、3月16日に開幕する米ツアー「バンク・オブ・ホープ ファウンダーズカップ」から3連戦に向かう。(沖縄県南城市/林洋平)

関連リンク

2017年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~