ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】V争い混沌 青木、大山が首位タイで後半へ

◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス 最終日(12日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

1打差の首位から出た24歳の青木瀬令奈と2位から出た39歳の大山志保が、通算6アンダー首位タイで後半に突入した。ともに最終組でプレーしている。

初日から首位を守り初優勝のかかる青木は1バーディ、1ボギーで前半9ホールを終えた。ツアー通算17勝の大山が1バーディを奪って追いついた。

青木、大山と同じく最終組の藤崎莉歩は、10ホールを終えている全美貞(韓国)、15ホールを終えて5つ伸ばしている柳澤美冴と並び通算5アンダーとしている。

2週連続優勝を狙うアン・ソンジュ(韓国)、笠りつ子上田桃子堀琴音らが2打差の通算4アンダーと優勝圏内でプレーしている。

通算1アンダーから出たイ・ボミ(韓国)は、14ホールを終えて1ダブルボギーで通算1オーバーとなっている。

関連リンク

2017年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~