ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

4月から女子大生 18歳アマ河本結が描く未来図は…

◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス 2日目(11日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

アマチュアの18歳、河本結が「72」でプレーして通算2アンダー10位タイで決勝ラウンドに進出した。今月1日に高校を卒業。5歳から始めたゴルフで、ジュニア時代から躍動を続ける河本だが、今年のプロテストは受験をせずに、4月から女子大生になる道を選択した。

進学先に選んだのは日本体育大学の体育学部体育学科だ。出身である四国のジュニア、アマチュアタイトルの多くを手中にし、プロトーナメントの推薦出場を得るなど、周囲は、高校卒業後はプロゴルファーになることを疑わなかった。だが、人と違う道を突き進むことが好きという河本は、「人生はゴルフだけじゃないから。いろんな事を学ぶため」と、大学進学を決意した。

人生色々…、未来のさまざまな可能性を思念している。「いつまでゴルフを続けられるか分からない。オバさんになって体が動かなくなり、ゴルフをやめても、メンタルトレーニングや、栄養学を学んで、さまざまなスポーツでそれらを生かしていけたらいい」。

きっかけは、昨年サンディエゴで開催された「世界ジュニア選手権」でのことだった。「各国からいろんな大学の選手が来ていたこともあって。プロになることも、ゴルフ以外のことを学ぶことも、大学に行けば両立できるかも」。そう思って進学することを考え始めたという。

現在18歳。3年後に控える東京五輪は21歳で迎える。「大学には“オリンピック育成枠”で進学します。東京五輪には出たい。ゴルフの代表になるにはプロにならないといけないから、入学後、今年の前期は大学リーグで成績を残して、後期はQT受験を考えて…、来年はプロテスト受験…」と、未来設計図を着々と描いている。

好きな歌手はジャスティン・ビーバー。着用するウエアには人一倍こだわりを持つ。やや明るいブラウンのカラーコンタクトに、マツエク(編注:まつげエクステンション、人工まつげ)も装着。ゴルフ場を出れば、年頃の女の子だ。「あしたは楽しんでゴルフがしたい」。ウエアと同色のリボンで結んだポニーテールを揺らしながら、軽やかに笑った。(高知県香南市/糸井順子)

糸井順子(いといじゅんこ) プロフィール

某自動車メーカーに勤務後、GDOに入社。昨秋、編集部内「作る」から「届ける」チームに異動した。体力勝負の出張生活を卒業して社内に腰を据えるものの、隙あらば“おいしい”脱出を企てている。趣味は料理、ヨガ、妄想。特技は巻き髪。チャームポイントは片えくぼ。

関連リンク

2017年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~