ニュース

国内女子ワールドレディスサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

IQもすごい? チョン・インジの才色兼備ぶり

韓国の20歳が、日本ツアー初出場となったメジャーの舞台で新たな歴史を刻んだ。5打差の首位から「ワールドレディスサロンパスカップ」最終日をスタートしたチョン・インジが、3バーディ、4ボギー「73」とスコアを1つ落としたものの、2位に4打差をつける通算12アンダーでさっそうとゴールテープを切った。

日本ツアー初出場、初優勝をメジャーで遂げたのはツアー史上初。20歳273日での大会制覇は、昨年に成田美寿々が打ち立てた21歳215日を更新する最年少記録となった。「言葉では表現できないほどの価値を感じています。あまりに貴重な経験をさせていただきました」。

この優勝により、翌日から4週間以内に登録手続きを済ませば、優勝した日から365日以内に開催されるLPGAツアー競技への参戦が可能となる。「日本がますます好きになった」と関心を示しながらも、「現実的に学生ということもあるので、これから考えたい」と、両親を交え検討していく構えだ。

韓国では屈指の名門、高麗大に通う現役女子大生。スポーツ推薦により入学し、国際スポーツ学を専攻している。年間20試合以上が組まれる韓国ツアーの連戦により「あまり行けなくて残念です」と足は遠のきがちだが「学友たちと楽しむ時間はストレス解消にもなって、すごく楽しい」と、ツアーの合間は充実のキャンパスライフを過ごしている。

大学へ定期的に通えない代わりとして、単位習得は主に課題の提出がメイン。「宿題が多くて大変です」と苦笑しながらも、現在は3年生まで順調に進んでいる。同校には、プロゴルフではキム・ヒョージュリディア・コー、他のスポーツでも世界で戦う多くのプロアスリートが在籍する。「選手によっては大学の成績をちゃんと調整できていないみたい」と、文武両道の厳しさを明かす。

今季は米国女子ツアー4試合に出場しながらも「私は今のところ、ちゃんと調整できていますよ」と涼しげに返答。父親によると、IQ(知能指数)は、一般的な平均値とされる100を大きく上回る「135くらい」だという。端正な顔立ちと強さ、そして知性も備えた才色兼備の20歳。ファンクラブ会員が2900人に上る母国での人気もうなずけた。(茨城県つくばみらい市/塚田達也)

関連リンク

2015年 ワールドレディスサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~