ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

繰り上げ出場の香妻琴乃 10位スタートで“初シード”へ前進

出場権なしのウェイティングで「ゴルフ5レディストーナメント」(岐阜県・みずなみCC)に会場入りし、晴れて繰り上げ出場を果たした香妻琴乃が、初日に5バーディ2ボギーの「69」をマークし、3アンダー10位タイの好発進を決めた。

アウトコースからティオフした香妻は、4番(パー3)で約8メートルをねじ込むなど、1番~5番までで4バーディを決めるロケットスタート。前半は4アンダーでリーダーズボードのトップでプレーを進めたものの、後半に1バーディ2ボギーでスコアを1つ落とした。

「途中ボギーが来ても、上がり3ホールで挽回するって思っていた矢先の17番でのボギー」と、課題のひとつとしている“終盤の崩れ”に後味の悪さを残しながらのホールアウト。「明日はもう少し伸ばして行きたい」と、目標のツアー初勝利にしっかりフォーカスを合わせ、初日から自分に甘い顔は見せない。

昨年のQTで60位だった香妻は今シーズン、下部ツアーのステップアップツアーを主戦場としており、レギュラーツアーへの出場試合数は限られている。それでも、ここまで13試合に出場し、現在賞金ランクは39位(獲得賞金:1754万3000円/9月5日現在)。優勝にこそ手が届いていないものの、すでに過去3シーズンの総獲得賞金1194万8833円を超え、プチブレーク中だ。

賞金上位50人(永久シード選手除く)に与えられる次シーズンの賞金シードは、昨季の50人目が1782万5463円(51位・藤田幸希)だったことなどを踏まえると、今季も1800万円がひとつの目安になりそう。香妻自身は賞金シード獲得の可能性を「あまり意識していない」というが、ノーシード選手が来季の出場権をかけて争う毎年12月のQTでは辛酸もなめてきただけに、取れれば自身初となる賞金シードの意味の重さは身に染みている。

今季は、今大会のほかに3試合(「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」、「日本女子オープンゴルフ選手権競技」、「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」)の出場権を持つという。狙うはもちろん初優勝。この好スタートを生かして、賞金争いが過熱する秋本番より一足早く“シード当確圏内”へと達しておきたい。(岐阜県瑞浪市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。