ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位発進の大山志保 “次こそ優勝”の気概

2014/09/05 18:28

国内女子ツアー「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」の初日、大山志保が8バーディ1ボギーの「65」をマークして単独首位の好スタートを切った。スタートから降り始めた雨は次第に強さを増し、ティオフ直前に一時中断が決定。約1時間後に再開となるも、9時57分のティオフ予定だった大山がホールアウトしたのは16時30分を回っていた。

この日は2番でティショットを右の林に曲げてボギーを先行させたが、続く3番、5番(パー5)では5メートルをカップインさせ、スコアをアンダーに戻した。迎えた後半では「チャンスは外さなかった」とチャンスメイクしたホールで確実にバーディを重ね、終わってみれば8つのバーディを量産で単独首位に抜け出した。

<< 下に続く >>

今季6月から徐々に調子を上げてきた大山。先週までの出場2試合では連続トップ5フィニッシュ(「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」2T、「ニトリレディス」4T)と、今季初勝利まであと一歩と迫っている。自身も「(ショットは)良い状態に戻り、不安はない」と断言するほど、その自信がぶれることはない。

ただこの自信はこれまでの苦い経験ゆえ。「NEC軽井沢-」でのプレーオフ敗戦を、「他の選手よりも『絶対に勝つ!』という気持ちが弱かった。プレーオフに進出できたことで、どこかで満足してしまった自分がいた」と分析。同じ轍は踏まない気概を見せた大山は「もう上しか見ない。自分が伸ばすことだけを考えてプレーに集中したい」と、初日の好発進に少しだけ息巻いた。

現在、コーチ無しで戦う大山が頼るものは、自分自身だけ。「今は自分を信じてやっている。誰かに助言をもらうことも大事だけど、自分で考え抜いて掴んだものこそ財産になる」というのが大山流。積みあげてきた思いや経験こそが、大山をさらに強くする。(岐阜県瑞浪市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!