ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

“ママ”初戦の茂木宏美 「90点」の11位スタート

2月の出産後、今週の「アース・モンダミンカップ」が復帰初戦となった茂木宏美は5バーディ、2ボギーの「69」。3アンダーの11位タイ発進に「初日としては90点」と笑顔を見せた。

昨年10月の「日本女子オープン」以来、8ヶ月ぶりのトーナメント。スタートの1番(パー5)は「想像よりは緊張感なくできました」と、好ショットを3度続けてバーディとすると、「ホッとしました」と続く2番も5メートルを沈めて連続バーディ。8番、9番もバーディとして、前半を4アンダーで折り返した。

<< 下に続く >>

後半に入り、11番、16番をボギーとしたが、その時に頭をよぎったのはクラブハウスで待つ娘のこと。「普段だったら悔しい!ってなるんだけど、こんな顔をしていたら泣かれるなと思って(笑)。ちょっとは(感情を)セーブできたのかな」と、すぐに平常心を取り戻した。

最終18番(パー5)の3打目をピンそば50センチにつけてバーディで締め、「妊娠前の感覚が早く戻ってきた感じがする。自分のことを色々チェックできたし、復帰戦としては良い1日」と、“ママ”初戦は手ごたえいっぱいの1日となった。

4週間前の「リゾートトラストレディス」で、同じく出産後の復帰初戦となった福嶋晃子は予選を通過して50位タイ。「スタイルが違うけど、自分でブレーキを掛けちゃいけないなと思いました」と刺激を受けた。さらに歴史を紐解けば、84年の長男出産後、半年後の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で復帰した森口祐子は4位タイに入っている。「良いデータですね」とママは不敵に微笑んだ。(千葉県袖ヶ浦市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 アース・モンダミンカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!