ニュース

国内女子リゾートトラストレディスの最新ゴルフニュースをお届け

飛ばし屋健在!産休明けの福嶋晃子 復帰第1打は余裕の280ヤード

2014/05/30 19:47

「1番のティショット?今日イチでしたね」。兵庫県の関西ゴルフ倶楽部で開幕した国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」の初日、産休明けツアー復帰戦となった福嶋晃子は、3バーディ、3ボギーの「72」とし、イーブンパーの33位タイとまずまずのスタートを切った。

前日のプロアマトーナメントに出場し「不安でいっぱい」と苦笑いを浮かべていた福嶋。しかし第1ラウンドのティオフでは、前日までの緊張はなく「朝起きて、『先週まで試合に出ていたっけ?』みたいな感覚でした」と、ベテランは本番の強さを発揮。いつものルーティンでアドレスに入った。

<< 下に続く >>

1番402ヤードのパー4。ティショットは快音をあげて飛び出すと、残り100ヤード杭付近まで転がった。若手で飛ばし屋と呼び声の高い渡邉彩香を約30ヤードほど超えて行った福嶋のボールは、単純に逆算してもランを含めて280ヤードを稼いだ。

“ツアー屈指の飛ばし屋”はやはり健在。これには見ていたギャラリーも興奮し、感嘆のため息が漏れた。「振ってないけど、完全に芯を捕らえていたからあれくらい飛ぶんですね」と自身も会心のショットに感心。今はフルショットでクラブを選択するのではなく、1クラブ大きい番手でのハーフショットを基本としている。第2打はピッチングウェッジでグリーンを捕らえ、2パットのパーでスタートした。

復帰後、一番に不安を抱えていたのはパッティング。トーナメントを離れ、“芝離れ”してしまった感覚は未だ取り戻せていない。「私らしさがない。本当はこのつるっとした早いグリーンが好きなのに、結局最後まで掴めずじまい・・・」。それでも3パットは2回にとどめ、まずまずの滑り出しとした。

「明日はどうなるか分からない。でもどうにかもうちょっと頑張りたい」。クラブハウスで待つ愛息の応援を味方に、明日は予選突破の壁に挑む。(兵庫県三木市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 リゾートトラストレディス




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!