ニュース

国内女子リゾートトラストレディスの最新ゴルフニュースをお届け

あの福嶋でも大変! ママさんプロを取り巻く育児事情

ツアー通算24勝、米国2勝を挙げている福嶋晃子が“産休”から復帰。2012年10月の「富士通レディース」以来約1年半ぶりに、国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」(兵庫・関西ゴルフ倶楽部)に出場し、開幕前日から紙面を賑わせた。

1996年、97年と2年連続で国内女子ツアー賞金女王を戴冠している福嶋が、ママになって初めて臨んだ試合。結果は通算1オーバー50位だった。開幕前に目標としていた予選通過を果たしたのはさすがだが、3日間の戦いを終えた感想は「(予選通過して)ここまで来たらもっと上に行きたかった」。語った言葉からは、プレーヤーとしての悔しさだけじゃない、現在の福嶋が背負う一戦の重みのようなものを感じた。

<< 下に続く >>

あのトッププロの福嶋をしても、結婚→出産→復帰は大変なのだと。

“産休”という言葉は使ったが、実は、福嶋は日本女子プロゴルフ協会が規程する「産休制度」の適用外選手だ。――協会は「トーナメント規定関連規定 産休制度」第2条により、「産休」を次のように定めている。

「(抜粋)協会は、対象者に対して出産日から36カ月が経過するまでの間を限度として産休を認めるものとする」。ただし、対象者は「(同第1条、抜粋)前年度LPGA賞金ランキング50名までの者」。つまり、賞金シード選手しか対象ではない。「産休」が認められた選手は、その時点で持っているシードを一定条件下で凍結することができ、復帰した時にもシード選手として試合に出場できる。

デビュー以来シードを確保してきた福嶋は、2011年7月に実業家の北山英典さんと結婚後、家庭を優先する決断を自ら下し、翌12年のツアーへの出場は13試合だけ。賞金ランク96位でシード権を失った直後の13年1月に第1子の妊娠を発表し、同年9月1日に長男・和樹(かずき)君を出産した。当然「産休」の制度は利用できなかった。

シード選手でなくなった福嶋は、出産後の復帰初戦だった「リゾートトラスト――」にも主催者推薦による出場だった。主催者から推薦が受けられない場合は、大会によっては実施されるマンデートーナメントを勝ち抜くか、出場可否の分からないまま試合会場に乗り込んで欠場者で出場枠が下りてくるのを待つしかない。

今回のように、試合への出場が叶ったとしても、「そりゃぁプレー中も気になりますよ」とプレー後に漏らしたように、母として、子供のことは気がかりだ。今回の福嶋の場合は夫、義理の姉、実母のサポートがあり、プロアマ出場から最終日の4日間を完遂したという。それでも「慣れているベビーシッターさんじゃないと、息子も懐かない。今週は預けているのが慣れている人たち(家族)なので、安心して私も練習に集中できますね」

ただ、自分以外に子供の面倒を見てくれる人の旅費など諸々の経費が増加するので、帳簿上、50位の賞金28万円ではかなり厳しい計算となる。生涯獲得賞金が歴代3位で9億円を超える福嶋だからこそできる出産後復帰の挑戦だが、それでも「ここまで来たら…」という本音が思わず漏れた。

国内の女子プロスポーツでは最もうまくいっている競技の1つといえる女子ゴルフが、はたしてそれでいいのか? 女性の社会進出を安倍晋三首相も口にする時代だ。求めるライフスタイルは異なれど、女性なら誰しも妊娠・出産の可能性を秘めている。

「産休制度」の条件論議は難しい問題をはらむが、賞金ランク1位の選手でも、100位の選手でも…、試合に出ようと決意したときに安心してプレーできる環境は、いずれ必要になると思う。米国女子ツアーはすでに各大会に無料託児施設を用意していると聞いた。

現在は、昨年のメジャー覇者・茂木宏美が制度を使って「産休」中。今年4月には横峯さくらが電撃結婚し、女子ゴルフ人気を盛り上げた世代が、家庭を持つ時代に入ったことは明らかだろう。女性で組織される団体ならなおさら、ライフサポートのインフラを整えて現役選手に人生の選択肢を広げ、次々に飛び込んでくる若手アマチュアの夢を広げてほしいと願う。

ファンの数と試合数では世界一を誇る国内女子ツアー。それが妻・母…と立場が変わっても常に輝き続けられる舞台だったら、選手たちはきっと世界に胸を張れる。

おすすめ記事通知を受け取る

糸井順子(いといじゅんこ) プロフィール

某自動車メーカーに勤務後、GDOに入社。ニュースグループで約7年間、全国を飛びまわったのち、現在は社内で月金OLを謳歌中。趣味は茶道、華道、料理、ヨガ。特技は巻き髪。チャームポイントは片えくぼ。今年のモットーは、『おしとやかに、丁寧に』。

関連リンク

2014年 リゾートトラストレディス




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!