ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

藍ちゃん、今季2度目の欠場!一週間の安静

先週行われた「日本女子オープン」で、今シーズン初の予選落ちを喫した宮里藍だが、医師の診断の結果『疲労性腰痛症』と診断された。女子オープン2日目から違和感があり、診察を受けたが、最低1週間の安静と加療が必要と医師が判断。今週行われる「SANKYOレディースオープン2004」には、7月に行われた「ベルーナレディス」に続き今シーズン2度目の欠場が決定した。

現在、沖縄にて筋肉の張りをとるための治療をマッサージを中心に行い、回復具合により次週の富士通レディースからツアー復帰を予定している。最終的な復帰の判断は、1週間後に医師の診察結果に基づくことになっている。

<< 下に続く >>

今回の件に関し宮里は、「急遽『SANKYOレディースオープン』に欠場することになり非常に残念です。スポンサーさまをはじめ大会関係者の皆さまにはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。私のプレーを楽しみにしていただいたファンの皆さまにも残念な思いをさせてしまい本当に申し訳なく思っています。今後は引き続き療養につとめ、できる限り早くツアーに復帰し、自分本来のプレーをお見せしたいと思っています」

先週の「日本女子オープン」で不動裕理が今シーズンの6勝目を挙げ、現在2位の宮里は賞金争いで不動に差を広げられている。シーズン終盤に入り、宮里の追い上げが見られるか、回復が待ち遠しい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!