ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

3季ぶりツアー通算15勝 石川遼の優勝を振り返る

2019/07/07 21:40


◇国内メジャー第2戦◇日本プロゴルフ選手権 最終日(7日)◇いぶすきゴルフクラブ 開聞コース(鹿児島県)◇7212yd(パー70/71)

27歳の石川遼が2016年「RIZAP KBCオーガスタ」以来となるツアー15勝目を、「国内三大大会」初制覇で飾った。これまでに成し遂げた記録と記憶に残る勝利を振り返る。

史上最年少優勝

東京・杉並学院高1年でアマチュアだった2007年、初めて出場したプロトーナメント「マンシングウェアKSBカップ」で優勝。最終日は決勝ラウンドとして36ホールの戦いが行われ「最後まで疲れたとか弱音を吐かないように心がけた」と話した。15歳245日のツアー史上最年少優勝記録を樹立。愛称“ハニカミ王子”が定着した。

プロ初優勝

同校在学中の08年1月、16歳でプロ転向を宣言。同11月の「マイナビABCチャンピオンシップ」でプロ初優勝を果たす。「先のことはマスターズに勝ちたいということだけ」と夢を語った。17歳46日での優勝で、プロとしての史上最年少優勝を3年以上縮めた。

史上最年少賞金王

09年は「サン・クロレラ クラシック」で初日から首位を守り切る完全優勝。4勝をあげて、史上最年少賞金王(18歳)に輝く。

世界最少ストロークの「58」でギネス記録

10年「中日クラウンズ」を通算13アンダーで優勝。最終日にマークした「58」は世界最少ストロークでギネス記録を更新し「夢の中でプレーしているような18ホールでした。自分のプレーを楽しめた」と振り返った。

腰痛から復活V

米ツアーを主戦場としていた16年は腰痛により、5カ月の戦線離脱を強いられたが、復帰2戦目となった同年8月「RIZAP KBCオーガスタ」で完全優勝。「この優勝にも満足していない。これからも、もっと上を目指したい」。同年3月の結婚後、初めての優勝(通算14勝目)を飾った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。