ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、プロとして史上最年少でツアー制覇

兵庫県にあるABCゴルフ倶楽部で行われている国内男子ツアー第20戦「マイナビABCチャンピオンシップ」の最終日、天候に恵まれた会場には、深堀圭一郎広田悟、そしてプロとしてのツアー初優勝を目指す石川遼の最終組での戦いを一目見ようと、最終日としては今季開幕戦に続き2番目に多い、12,937人の大ギャラリーが詰め掛けた。

深堀9アンダー、広田8アンダー、石川6アンダー。深堀が1番でボギーを叩き、その差はすぐに2打に詰まった。4番パー5で石川はピンそば1.5mにつけてバーディ。続く5番でも4mのフックラインを沈め、あっさりと深堀に追いついた。

だが、続く6番パー5で、石川は2打目まで絶好のショットを見せながら、3打目はグリーンをオーバーし、奥のラフに打ち込んでしまう。このホールをボギーとし、逆にバーディを奪った深堀との差は、2打に広がった。

「前半は頭が真っ白で、気付いたら後半だった」という石川。15番パー5で、2打目をグリーン奥のラフに運ぶと、そこからあわやチップインイーグルの見事なアプローチを見せ、バーディを奪う。10番でボギーを叩いた深堀と、この時点で再び首位に並んだ。

続く16番、「始まる前から、上がり3ホールは勝負をかけて行こうと思っていた」という石川は、8mのバーディパットをねじ込んで力強いガッツポーズを見せる。これを見た深堀は、思わず3パットのボギーとし、石川がついに単独首位に立った。

2位と2打差の首位で迎えた最終18番パー5。「ティを挿す時に手が震えていて、漫画みたいだった」という石川は、ティショットを左斜面のラフに入れてしまう。石川は池越えとなるグリーンも迷わず7Iで狙ったが、僅かに届かず、球は斜面を転がり落ちて池に落ちた。

しかし、ここからウォーターショットで3mにつけ、2パットでパーセーブした石川は、最終ホールでバーディを奪った深堀をわずか1打抑えて、プロとして初めてのツアー優勝。17歳1ヶ月15日でのツアー優勝は、プロとしての史上最年少優勝記録を3年以上縮める新記録となった。2位は通算8アンダーの深堀、3位には広田悟が続いた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 マイナビABCチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。