ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉がツアー外競技に出場 仲間の反応に「救われた」

2018/07/29 17:17


「日本ゴルフツアー選手権森ビル杯」のプロアマ戦(5月30日)で同伴ゲストに不快な思いをさせたとしてツアー出場を自粛している片山晋呉が29日(日)、宮城県・杜の都GCで開幕した2日間のツアー外競技「杜の都仙台チャリティプロアマトーナメント」に出場した。

初日はジャパンゴルフツアー選手会長の石川遼、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大2年)らと4サム。3バーディ、2ボギーの1アンダー「71」で回り、出場127人(アマチュア49人)中9位になった。

一番の注目組とあって多くのギャラリーがあとに続く中、片山のプレーにも多くの声援が送られ、「プロとして、人前でゴルフができる幸せをさらに噛みしめることができた」としみじみ。前日の前夜祭でもプロ仲間から「おかえり」との声を多く受け、「温かく迎えられ、救われる感じがした」と、感慨深げに振り返った。

この2カ月の自粛期間中は、スーツ姿でスポンサーや関係各社を回る日々。練習もほとんどできておらず、クラブを握り始めたのは10日ほど前からだった。「ビックリするくらい(ゴルフの)感覚がなくなっていた」と、試合勘はいまも完全に取り戻せていないままだ。

7月16日付の自身の公式ホームページでは、8月23日開幕の「RIZAP KBCオーガスタ」(福岡県・芥屋GC)でツアー復帰する意思を表明。「時間を使って、各社にちゃんと(話を)してからじゃないと、と思っていたから」と各社対応をすべて終えたことを区切りとし、今大会にも出場した。

片山は来週以降、ツアー外競技の「札幌オープン」(8月11~12日)に出場し、「RIZAP KBCオーガスタ」に乗り込む予定という。(宮城県大和町/塚田達也)

関連リンク




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~