ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

鬼門の17番 宮里優作&石川遼はOBで後退

◇国内メジャー◇日本プロ選手権 3日目(12日)◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(千葉県)◇7324yd(パー72)

宮里優作は単独トップで17番を迎えたが、ティショットをOBとし、5オン3パットのダブルパー。終盤のミスで、首位と4打差の通算2アンダー7位タイに後退した。

緩やかな左ドッグレッグホールは、フェアウェイ左右の木がティショットの難度を高めている。1Wを握った宮里は「アゲンストに感じていて、1Wで打っても右に抜けないと思っていたけど。3Wでも良かったのかもしれない」。右に出た打球は、一度跳ねOBエリアに落ちていった。

打ち直しのティショットは左ラフに入り、フェアウェイからの5打目はピン上8m。1パット目を2mオーバーさせ、返しのパットを外した。大会連覇のかかる宮里は「ここだけだった。ほかは良かったと思うけど、4打差はかなり厳しい。攻めていかないといけないから、あすはフェアウェイの狙いどころがかなり狭くなる」。

石川遼は同じ17番のティショットを1WでOBにし、トリプルボギーをたたいた。「下はアゲンストに感じる風だったけど、上はフォローだった」と振り返った。

この日は「75」で通算3オーバーの33位タイ。「昨日よりは悪くなかったけど、まだスコアの出るようなドライバーの精度ではない」と話した。(千葉県睦沢町/林洋平)

関連リンク

2018年 日本プロゴルフ選手権大会

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~