ニュース

国内男子ホンマ・ツアーワールド・カップの最新ゴルフニュースをお届け

パット冴えわたる大堀裕次郎 プロ初Vのチャンス到来

2017/10/07 19:36


◇国内男子◇HONMA TOURWORLD CUP 3日目(7日)◇京和カントリー倶楽部(愛知)◇7190yd(パー71)

25歳が放つ好調なパットが冴えわたる。首位を2打差で追う大堀裕次郎が6バーディ、ノーボギーの「65」とし、通算17アンダーの単独2位でホールアウト。自身2回目の最終日最終組に入り、ツアー初優勝のチャンスを広げた。

今季最高の3位とした8月下旬「RIZAP KBCオーガスタ」から、「いい感じでパットが打てている」という好感触が続いている。2日目の23パットを下回る22パットに抑え、前日「63」に続くビッグスコアをマーク。「とくに変えたところはない」というが、ボールが狙い通りのラインをたどり、カップの底を叩くたびにパットへの自信を深めている。

最初の1番で1mを決めてバーディ発進。8番(パー5)、14番、15番と2m前後のチャンスを決めると、17番(パー3)で5m、最終18番(パー5)で1mを沈めて連続バーディフィニッシュ。グリーンを外した前半3番でも2mのパーパットをねじ込みボギーを回避し、「バーディ発進だっただけに、ボギーを打つと厳しい展開になる。踏みとどまれて良かった」とグリーン上から流れを築いた。

大阪学院大4年時の2013年に獲得した「日本アマ」タイトルを引っさげ、同年末に鳴り物入りでプロ転向。初めてフルシーズンを戦った16年は5回のトップ10フィニッシュを記録し、賞金ランキング41位で初シードを獲得した。182cm・80kgの恵まれた体と整ったルックスを合わせ持ち、ツアー初優勝からのブレイクが待たれる若手のホープだ。

「プレッシャーには弱いですね。強かったら、とっくに優勝できていると思います」と自嘲気味に笑ったが、そんな弱気を押し込めるように声を張る。「あしたは気持ちで負けないように、しっかりと強い気持ちをもって頑張りたい」。

3日目に最終組をともにした宮里は、「距離も出るけどショートゲームのうまさを感じる。裕次郎はいつ勝ってもおかしくないと思っている」と評価。2打差の首位にいる先輩の期待に、逆転優勝という形で応えたい。(愛知県豊田市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ホンマ・ツアーワールド・カップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。