ニュース

国内男子RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2位の上井邦裕と3位の大堀裕次郎 惜敗から得た収穫

◇国内男子◇RIZAP KBCオーガスタ 最終日(27日)◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡)◇7151yd(パー72)

最終組からツアー初優勝を目指して出た2人。「70」で回った上井邦裕は、優勝した池田勇太と3打差の通算15アンダー2位。「69」とした大堀裕次郎は、通算13アンダーの3位。優勝には届かなかったが、収穫を口にするなどそれぞれの仕事はこなせたようだ。

<< 下に続く >>

「悔いがないってことはない。結局は勝たないとダメっていうのはあるけど、池田勇太との優勝争いを楽しんでやれた。いまやれることはやったと思う」と上井。首位タイで迎えた14番で、ピン左8mからのファーストパットを2mショートさせて痛恨の3パット。「あとひと転がり、ふた転がりすればちょうどだった。ちょっと弱かっただけなのでしょうがないけど、その前のアプローチが悪かった」と、終盤でのボギーを悔しがった。

それでも、今季ツアー出場権を持たない中で『前大会で10位以内』という資格を得て、次週「フジサンケイクラシック」の出場権を獲得した。さらに今大会2位の賞金1000万円を加えた今季総額は約1300万円に達し、3年ぶりの賞金シードにも近付いた。「若干悔しいけど、よい一週間でした。切り替えて、またやれることをやります」と前を向いた。

一方の大堀は、「アゲンストでちょっと打ちづらかったけど、(左サイドはOBで)逃げの気持ちもあったと思う」というスタートホールの1Wショットを、右に押し出してボギー発進。「芥屋は1番から4番までが大事。そこをアンダーで回るとビッグスコアが出るのだけれど」と、思惑とは裏腹な序盤を悔やんだが、2番以降はノーボギーで4バーディを奪い返し、ツアー自己ベストフィニッシュとなる3位に入った。

「スイングやメンタルの部分で少し自信になった。これから頑張りたい」と、同学年の松山英樹石川遼に続く台頭に意欲を見せる。「今週は優勝するために必要なものも見えました。(池田)勇太さんのゴルフを見ていてもそうだけど、ショートゲームと・・・」と大堀。「あとは、自分への雰囲気作りですかね」とやや遠慮がちに付け加えた。(福岡県糸島市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!