ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

敗者復活なるか?平本穏が挑む2度目のファイナルQTへの道

今季の国内男子ツアーも今週の「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」と次週の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を残すのみ。シード権獲得を狙う選手にとっては、今週が最終戦となる。

今大会が終了した時点でシード権が確定するが、予選ラウンドを終えたこの日、喪失が決まった選手がいる。予選落ちを喫した河野祐輝上平栄道野仲茂金聖潤(韓国)、五十嵐雄二の5人だ。河野以下4人は昨年シードを獲得した選手で、五十嵐は2009年「日本ゴルフツアー選手権」で優勝を果たし5年間の複数年シードを所持していたが、その期限は今季で切れる。

シードを喪失した選手は、次週開催のファイナルQTに出場し、上位に入れば(リランキングまでの優先順位で)来季もレギュラーツアー出場が可能となる。

そのファイナルQTに出場できる資格は、今季のシード落ち以外に、賞金ランキングで上位75人に及ばなかった上位10人も含まれる。現時点で、出場義務試合数に満たない選手を除外した今季のシード権は79位までの75人。

つまり、80位から89位までに入ればファイナルQTへ出場できる。その資格がのどから手が出るほど欲しいのが、現在100位の平本穏だ。平本はサードQTで上位に入れず、ファイナル進出を逃したが、大会2日目を終えて通算7アンダーの5位タイにつけている。この試合で最低22位以内に入れば賞金ランキング89位に入る可能性が芽生え、このままの順位ならば82位程度まで這い上がれる。

「サードで失敗したのは正直へこみました。でも、それも今の実力と受け止めています。今週の結果でファイナルに行けたら最高に嬉しいですが、簡単なことだとは思っていません。まあ、ダメモトではないですが悔いのないように4日間戦います」。

レギュラーツアーでベスト5に入ることは、QTで上位に入るよりもハードルは高いだろう。それでも、来季に向けた希望の扉をこじ開けるために、全力でその座をつかみ獲るしかない。(高知県芸西村/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。