ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

薗田、池田、9番ホールで池に捕まる選手たち!

国内男子ツアー「~全英への道~ミズノオープン」の2日目は、初日に比べて朝から強い風が吹きぬけ、多くの選手がスコアメークに苦しんだ。中でも目だってスコアを崩していたのが9番パー4だった。

自身初の大会連覇のかかった薗田峻輔は、池に入れた後にティグラウンドまで戻らず、その30ヤード先のラフからドロップして打つなどトラブルを招き「9」を叩いてしまった。薗田は初日に3オーバーを叩き112位タイと出遅れていたが、この日は7オーバーとさらに崩して通算10オーバーの128位で予選落ちとなった。

さらに池田勇太もこの9番でのダブルボギーに加え、12番でもダブルボギーを叩いた。バーディを4つ奪ったが、ボギーも1つ叩いたため、スコアを1つ落して通算1アンダーの27位タイで予選を通過。

石川遼と同組でラウンドした丸山大輔は、ティショットが左から吹く風に流されて、右サイドに広がる池に吸い込まれてしまった。このホールでダブルボギーを叩き、通算4アンダーの8位タイに後退した。

そして、午前の最終組で10番からスタートした冨山聡は、最終9番を残して通算6アンダーの2位タイにつけていた。ところが、その9番でティショットを池に入れるなど、トリプルボギーの「7」を叩いて、通算3アンダー11位タイまで後退。決勝ラウンドでも、この池がキーホールになるかも知れない。【岡山県笠岡市/本橋英治】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ~全英への道~ミズノオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。