ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

「相性で片づけたくない」石川遼は“苦手”コースにどう向き合う?

2021/06/03 07:45


◇国内メジャー◇日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills 事前(2日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7387yd(パー71)

過去7度の出場で最高は2010年大会の15位、予選落ちが4度を数える。石川遼はかつて、この宍戸ヒルズカントリークラブ 西コースについて明確な苦手意識を口にしたこともあった。今年は開幕を前に「どういうコースでも、相性というのは目に見えないもの。そこで片づけたくない気持ちが出てきている」とフラットな見方で攻略にかかろうとしている。

<< 下に続く >>

コロナ禍で2年ぶりの開催とあって、昨年3月にコーチへ迎えた田中剛氏とタッグを組んでから当地でのプレーは初めてとなる。「なんせ、コースが難しい」とタフな戦いを覚悟した上で「だいぶコースの見え方も変わってきていると思うし、攻め方も(過去に出たときと)変わっている」とも話す。

歴代優勝者にはフェードヒッターが数多く名前を連ねる中、ドローが持ち球の石川は苦戦を強いられてきた。「今までは集中力とか、思い切りとか“このホールでこの球を打てるようになりたい”みたいな、そういう思いを持って打ってきていた。今は自分が持っているものの中で、このホールをどうやって攻めるか(考える)。根拠のある形で攻めていかないと、4日間続かないと思うので」。ゲームの組み立てを見つめ直したのも、コーチとの継続的な取り組みの一環だ。

前日ラウンドでは新たなシャフトを挿した2I、深いラフから距離を残した局面で助けになる7Wといった2週後の「全米オープン」(カリフォルニア州トーリーパインズGC)を見据えてテストを重ねてきたクラブもバッグに入れて18ホールを回った。

「自分のゲームを理解して、このコースにどう落とし込むか。自分なりに攻めていくことがキーになる」。引き出しを整理し、プランを練って、難コースと向き合う。(茨城県笠間市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!