ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

“ツアープロ日本一”決定戦にアマ初参戦の舞台裏

◇国内メジャー◇日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills 事前(2日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7387yd(パー71)

2000年にスタートしたツアープロ日本一を決める大会に初めてアマチュアが出場する。「世界アマチュアゴルフランキング上位50位以内で、出場意思のある日本国籍を有する上位3名」の資格を新設。これにより、日体大の中島啓太、東北福祉大の米澤蓮杉原大河がフィールドに名前を連ねた。

<< 下に続く >>

田島創志ツアーディレクターは「『ツアー選手権』にアマチュアを出場させてはどうかという議論は、ここ10年くらいありました」と経緯を語る。そもそも、ツアープレーヤーのために立ち上がった試合。一方で「世界で戦えるアマチュアが増えてきた事実を受け止め、(日本ゴルフツアー機構が)主管しているトーナメントの中でも最高峰の難度の試合で、それに耐えうるアマチュアを出場させるのはありなんじゃないか」というのが“推進派”の意見だった。

実現にあたっては、129人の出場人数を132人に“増枠”することにこだわった。「森ビルさん、宍戸ヒルズさんのご協力でツアープレーヤーの枠を削ることなく、アマチュアの出場を認めていただいた」。資格を満たすアマチュアがいなければ、増えた3つのイスもプロに還元されると強調する。

かねて議論されてきたとはいえ、正式にアマ3選手の出場が決まったのは大会まで2週間を切ったころ。「アマチュア選手の中にも『プロの出場枠を削ってまで出るのであれば…』という葛藤はあったように思う。プロの枠を削るわけではなく、それ(参戦)に耐えうる(ハードルの)新たな出場資格ということを理解してもらった」。プロとアマ、双方に配慮しての決定には時間を要した。

2020年と統合されたシーズン7試合目のツアー登場となる中島は「この試合はプロゴルファーの方のためのビッグトーナメントであって、メジャーだと思っていた。まだ学生、アマチュアという立場で出場させていただける。会場にいらっしゃるすべての方に感謝しながら、一週間を過ごしたい」。ひと味違う重みをかみしめるように話し、「チャンスをいただいたからには、しっかり出し切りたい」と気合を入れた。(茨城県笠間市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!