ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

永久シード選手も絶賛の金谷拓実 “弟分”の挑戦を受けて立つ

2020/11/14 17:25


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目(14日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

「最後のバーディでトップに近い位置で終われた。チャンスは残ったと思います」。執念のプレーで連覇への望みをつないだ。最終18番(パー5)、2打目をグリーン右手前の池にこぼした金谷拓実は、右足を水につけてウォーターショットを披露した。ボールはピンそば1.5mに寄り、パットをねじ込んで首位との差を3打に縮めた。

<< 下に続く >>

アマチュアとして優勝した前年大会は3日目を終えて首位だった。プロとして臨んだ今年は6位で最終日を迎える。今週初めまで続いた、米国帰りの2週間の自主隔離の影響も言い訳にしない。練習ラウンドをも含めて、この日がブランク明け4ラウンド目にもかかわらず「67」をマーク。それでいて、「ショットの調子は上がっているが、パットを決めきれなかった。良いスコアですけど悔しい気持ちもあります」と満足していない。

そんなルーキーに目を細めるのが47歳の片山晋呉だ。金谷のアマチュア時代に仙台でのツアー外競技で一緒にプレーした経験があり、当時以来の同組になった。「良いものを持っている。素晴らしい。このまま世界に通用するようになって欲しい。やっぱり、“いい目”をしている」と成長度合いも確認した。

身体が特別大きいわけでもなく、飛距離性能に秀でているわけでもない。だが、強い。そんな22歳のプレースタイルを、「18番のプレーにしても、一見地味に見えるけれど、僕がすごく好きなゴルフをしている。“ザ・ゴルフ”」と絶賛する。「すごく考えて、どうやったら自分が上手くなれるかを考えて練習をしている」。ゴルファーとしての日々に、真摯に向き合う姿勢も称賛した。

アマチュア時代に切磋琢磨してきた2つ年下の中島啓太(日体大2年)が首位に1打差の3位タイにいる。「(自分が)ハーフターンしたときに啓太くんが7アンダーのトップにいて、すごいなあと思った。でも彼もいつ優勝してもおかしくない選手」と金谷。「でも僕も優勝を目指してやっている。とにかくベストを尽くしたい」。ビッグトロフィを易々と譲る気はない。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!