ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹「まとまりのあるプレーができた」 首位と1打差に接近

2020/11/14 08:58


◇海外メジャー◇マスターズ 2日目(13日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

3ホールを残して、トップとはわずかに1打差。松山英樹は日没サスペンデッドとなった第2ラウンドの15ホールでボギーなしの4バーディとスコアを伸ばし、通算8アンダー。ダスティン・ジョンソンジャスティン・トーマスら4人が並ぶ首位を見据える暫定5位に浮上し、2日目を終了した。

<< 下に続く >>

ピンクの縦縞が入った半袖シャツで登場した金曜日。静寂の中で、松山は集中力を高めていった。2番(パー5)で2オンに成功して、きっちりとバーディを先行。3番、5番、6番とパーオンは逃したものの、ショートゲームで確実にパーを拾った。

8番(パー5)は2打でグリーン手前まで運び、アプローチを90cmにピタリ。バーディ確実かと思われたが、このパットはスライスしてカップ右に抜けていった。テレビ解説の中嶋常幸が「あってはいけないミス」と苦しそうに吐き出したが、松山はこのミスを振り払うように先へ先へと突き進んだ。

10番で2mにつけてバーディを奪うと、13番(パー5)は2打目がグリーン手前クリークの縁に止まる幸運にも助けられてピンチ一転、5mを沈めてバーディとした。

1Wショットを大きく左に曲げた14番は、松葉の上からグリーンをとらえてパーセーブ。続く15番(パー5)で1Wショットをフェアウェイに置いたところで日没を告げるホーンがなったが、プレーを続行。グリーン左からアプローチを2mに寄せて、最後もバーディで締めくくった。キャップを取って同組のウェブ・シンプソンマーク・レイシュマン(オーストラリア)と健闘をたたえ合う場面では、充実した笑みもこぼれた。

粘り強く、諦めず。ここまで33ホールでボギーはわずか1つに抑えている。松山は「きのうに比べて全体的に少し良くなったので、まとまりのあるプレーができた」と振り返った。

現時点で首位と3打差以内に18人。いつもよりソフトなコースコンディションを考えても、まだまだ手綱を緩められる状況ではない。あす土曜日は、16番(パー3)から残り3ホールと第3ラウンドの18ホールをプレー予定。「どういう状況になっても、良いプレーができるように頑張りたい」という言葉に、本人だけが知る“覚悟”がにじんだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!