ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

アマチュア世界1位の金谷拓実がプロ転向

2020/10/02 15:20


世界アマチュアランキング1位の金谷拓実(東北福祉大4年)は2日、プロ転向を宣言した。日本ゴルフツアー機構(JGTO)などを通じて明らかにした。デビュー戦は15日開幕の国内メジャー「日本オープン」(千葉・紫CCすみれコース)となる。

金谷は広島国際学院高時代の2015年に「日本アマチュア選手権」を史上最年少(17歳51日)で制すなど、ジュニア時代からトップアマとして活躍。18年に「アジアパシフィック選手権」で優勝し、翌19年「マスターズ」、「全英オープン」に出場した。同年8月から世界アマランクで1位に立ち、今年9月に日本人で初めて年間最優秀選手の「マーク・マコーマックメダル」を獲得する快挙を遂げた。

<< 下に続く >>

昨年11月に日本男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」で倉本昌弘石川遼松山英樹に続く史上4人目のアマチュア優勝を達成。今回のプロ宣言により、同大会で得た翌年から2シーズンのシード権(※新型コロナウイルス感染拡大の影響で20-21年シーズンが統合されたため22年末までの出場権)を行使してツアーに参戦する。

関係者によると、最終学年となり東北福祉大のキャプテンを務める今年、春先から秒読み段階に入っていたプロ転向の時期は、コロナ禍で試合がなくなったことで影響を受けた。夏場にシーズンが再開されると、アマチュアとして出場権を得た9月の「全米オープン」後の転向を模索。プロ初戦と見られた「ブリヂストンオープン」などが中止になったことで、過去に優勝争いを演じ、3回ローアマに輝いた「日本オープン」がデビュー戦になる。

当面は来春卒業する東北福祉大に籍を置き、学生プロとしてプレーする。一方で、男子テニスの錦織圭選手らを支える世界的スポーツマネジメント会社・IMGとサポート契約を締結。将来的な目標に掲げる、海外ツアー進出への力強いバックアップとなる。

「日本オープン」の翌週にプロゴルファーのみで争われる米ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」(カリフォルニア州シャーウッドCC)の推薦出場候補のリストにも事実上、載ったことになる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!