ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

「練習量はハナクソ」73歳ジャンボ プロ51年目の2020年へ

2020/02/01 18:36


尾崎将司が、プロ51年目となる2020年シーズンへ準備を進めていく。

先月24日に73歳の誕生日を迎えたジャンボは、昨季最終戦を終えた段階で2020年シーズンについて、試合数を絞って出場する意向を示唆。「中日クラウンズ」「ANAオープン」「ダンロップフェニックス」の3試合を挙げていた。

<< 下に続く >>

1日(土)、千葉市で実施したジュニアレッスン会の後、「それ(3試合が候補)は確かだね」と改めて認めた上で「この試合に出ると決めたら、そのための準備をやろうとはするよ」と言葉を選びながら話した。

それが簡単な道ではないことは、自らが誰よりも分かっている。「ゴルフスイングを普通にするために(体の準備として)2、3週間かかる。(今の練習は)動かしているという(レベルの)ことでもない。今の若い子たちの練習量に比べれば“ハナクソ”みたいなもんだ」

腰痛などに苦しみ、「62」(当時66歳)をマークしてツアー史上初のエージシュートを達成した2013年の「つるやオープン」を最後に予選通過がない。ここ数年は毎シーズン不退転の決意で臨み、昨季は7試合で棄権が5回あった。

「若い子たち(の練習)を見詰めていた方が、よっぽど気持ちがいいんだ。だんだん、自分のことよりも、そっちの方が重点的になるような気がしてきたね。ここ2、3年は」

後進の育成にモチベーションが傾きつつあることも感じているが、「振れるということが大事。スイングできる体にはしたい。今はバットスイング(のトレーニング)から入って、(次の段階として)ミニクラブにいって。頭の中の計画は、そういう感じ。どこまでできるかはわからんけど…」と思考を巡らせる。

闘志はなえていない。「まあね、(闘志が)ないことはないけどさ。暖かくなってきたらね」。ままならない体と向き合いながら、慎重にコンディションを整えていくつもりだ。(千葉市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!