ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 RBCヘリテージ
期間:04/17〜04/20 ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

灯台だけではない ハーバータウンとヘリテージの歴史

1969年に第1回大会が開催された「RBCヘリテージ」。当時は「ヘリテージ・ゴルフ・クラシック」と呼ばれており、大西洋の海岸沿いで初めて開催される男子主要ツアーの試合だった。

会場となるハーバータウン・ゴルフリンクスは当時新進気鋭のデザイナーだったピート・ダイがジャック・ニクラスと共に作り上げ、オープンと同時に第1回トーナメントを開催した。有名なのは18番ホール。ペブルビーチを彷彿とさせる海岸沿いを辿るホールで、18番グリーンの奧には赤と白の縞模様の灯台が鎮座する。

現在の米国男子ツアーでは、メジャー大会を除くと「ソニーオープンinハワイ(ワイアラエCC)」、「クラウンプラザインビテーショナル(コロニアルCC)」、「ザ・メモリアルトーナメント(ミュアフィールドビレッジGC)」と共に、同一コースで長年開催されている大会だ。

米国男子ツアーの平均(約7,300ヤード)に比べると全長は短い(7,107ヤード)が、林に囲まれた狭いフェアウェイと、平均340平米(ツアー平均は610平米)という小さなグリーン、さらに池やバンカーを巧みに配したレイアウトが特徴で、12年にはツアープレーヤーが選ぶベストコースでオーガスタナショナルGCに続いて2位にランクされるなど、常に人気を誇っている。

第1回大会の優勝者はアーノルド・パーマー。以降、ジャック・ニクラストム・ワトソンペイン・スチュワートグレッグ・ノーマン、ヘイル・アーウィン、ファジー・ゼラー、ニック・ファルドといった豪華な面々が優勝者に名前を連ねる。飛距離だけではなく、選手の総合力が問われるコースと言えるだろう。

大会創設時から使われている“ヘリテージ(遺産)”という呼称は、ハーバータウンGLを含むヒルトンヘッド・アイランドの開発を手がけたチャールズ・フレーザーが発案したもの。フレーザーはサウスカロライナの歴史を研究するうちに、かつてこの地がイギリスの植民地だった時代に発行された最初のゴルフ場に対する認可状が、現代では使われていないことを発見し、チャールストンの書庫に保存されていたこの書類を正規の手続きを踏んで入手。ハーバータウンGLへと移管した。

優勝者に贈られるタータンチェックのジャケットや表彰式でのバグパイプ演奏は、この経緯によるもので、遠くスコットランド(イギリス)の香りを今大会に添えている。(サウスカロライナ州ハーバータウン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 RBCヘリテージ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。