ニュース

国内女子meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

フォン、オリンピック出場を目指し日本ツアーへ

22歳の若人とはいえ、やはり米国ツアーでしのぎを削ってきた実力は伊達ではなかった。「meijiカップ」最終日、中国出身のフォン・シャンシャン古閑美保をかわして逆転勝利。日本ツアー今季2試合目の出場にして、早くも初タイトルを獲得した。

フォンは17歳で渡米後、昨年まで米国ツアーを主戦場とし、タイトルこそ無いものの08年の「ベルマイクロLPGAクラシック」で2位に入るなど実績は十分。同年は賞金ランキング36位、09年は同75位と不振に終わるも、2010年は4度のトップ10入りを果たすなど38位に再浮上。今年も米国を主戦場としており、現在は同ランク17位につけるバリバリの米国ツアープレーヤーだ。

<< 下に続く >>

だが、年々試合数が減少する米国ツアーの現状を憂い、「自分には(試合数が)足りない」と、並行して日本でのプレーを決意。昨年末の国内ファイナルQTを2位で突破し、今シーズンのツアー出場権を獲得した。そのフォンには、多くの試合数をこなしたい理由がある。5年後の2016年、ブラジルのリオデジャネイロで開幕するオリンピック出場を目指し、「世界ランク50位以内には入りたい。早く順位を上げたいとプレッシャーを感じています」と、今から母国代表の座に向けて情熱を注いでいる。

現在は同ランク47位とフォンの目標圏内に入ってはいるが、どこまでも順位を上げておきたいと思うのは自然の理。1試合に割り当てられるポイントが多い米国ツアーを主戦場としつつ、日本ツアーは「今年は7試合に出場したい」とプランを語る。中国女子ゴルフ界期待の星が、5年後に母国の誇りを背負うため、日米両ツアーで邁進する。(北海道北広島市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2011年 meijiカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!