ニュース

国内女子サイバーエージェント レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

単独首位の井芹美保子「このコースはあまり良い印象ないです」

国内女子ツアー「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」の初日に、6アンダーをマークし2位に1打差の単独首位に立ったのは、昨年プロテストでトップ合格を果たした井芹美保子だった。

井芹はトップ合格者に与えられる特権として、昨シーズン後半ほとんどの試合に出場した。ところが、4試合連続で予選落ちになるなど好成績を残せずシード権を獲得することはできなかった。しかし、12月に行われたファイナルクオリファイで31位に入り、今季の出場資格を獲得した。

<< 下に続く >>

昨年プロ入りした井芹ではあるが、ツアーには2005年から参戦している。この年の9月には、今大会が行われている千葉県の鶴舞CCで開催されたステップ・アップ・ツアー「GDOレディースカップ」に出場した。その時は初日「76」2日目が「73」の5オーバーで46位タイとなった。

さらに翌年にはファイナルクオリファイで同じく鶴舞CCをラウンド。初日に「81」と大きく出遅れ、最終日に「69」という好スコアを出したが62位に終わり、07年のツアー出場資格を掴むことができなかった。

「実はこのコース、あまり良い印象が無いんです・・・」初日のラウンドを終え、共同記者会見に出た後、練習場に向かいながら井芹はポツリとつぶやいた。しかし、「あの時とはゴルフのレベルも違いますし精神的に違います」と話す井芹。今年のオフには表純子などとタイで10日間の合宿に参加し、弱点となっていたメンタル面も強化したという。

精神的に強くなった井芹にとっては、過去2度の鶴舞挑戦が苦い思い出ではなく、良い経験として今週の戦いに生かされている。2日目は追いかけられる立場となるが、自分のゴルフに集中して、リズムを崩さぬようプレーに専念するだけだ。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!