ニュース

国内男子トップ杯東海クラシック の最新ゴルフニュースをお届け

シード権変更 試合数減と日程が招く負のスパイラル

2012年末に9年間守ったシード権を喪失した増田伸洋が、賞金シード復帰をほぼ手中に収めた。愛知県の三好カントリー倶楽部 西コースで行われた国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」。2日目を終えて3位につけた後、決勝ラウンドの「73」「74」で失速しトップ10は逃したものの、通算2アンダー12位でフィニッシュ。今季の獲得賞金を約1646万円まで積み上げた。

男子ツアーの賞金シードは2015年シーズンから新制度に切り替わり、今季の成績から反映の対象となる。シード(第1シード)獲得圏が上位70位から、60位に引き上げられたのだが、獲得賞金のボーダーラインは約1600万円といえそうだ(2013年賞金ランク60位は金聖潤の1637万6054円)。

増田は、まだ試合を多く残した段階での現状に「積み重ねができた。これからは上を見てやりたい。予選通過ばかりを意識してもしょうがない」と安堵の表情を浮かべた。

一方、昨年末にシード権を落とした細川和彦は、最終日1バーディ、ノーボギーの「71」と静かなゴルフに終始した。4日間一度もオーバーパーを叩くことなく、通算4アンダーの5位タイ。賞金額を約744万円とし、ランキングを92位から70位に上げた。

新制度では、今季賞金ランク61位から75位までの選手は「第2シード」という扱いで、15年の出場権は限定される。前半戦の成績次第で、後半戦は、下部ツアー出身選手やQT上位通過選手との入れ替え、リランキングの対象となるのだ。

細川は「最低でも75位に入ることが大事。それならまずQTに出なくて済む。きょうは(台風接近でも)4日間できて良かった。(仮に最終日中止で)賞金加算が75%になってしまったり…というのも考えるからね」と、一安心だ。

第1シード枠の削減は、調子の良い選手にどんどん出場権を与え、ゲームを活性化させる狙いがある。ただ、試合数確保に苦しむ現状で、選手の入れ替えは困難を極める。AONに引っ張られた男子ツアー全盛の時代を知る細川は「今は試合数が少ないから、若手も一緒に休んで、体力をキープされてしまう。(出場機会の少ない選手が)勝てるわけがないよね」と口惜しそうに言った。

年間試合数が多ければ、上位選手が体力温存のため欠場する試合もできて、新鋭選手にもチャンスが生まれる。ただ昨今はトッププレーヤーも“稼ぎ場所”の確保に必死だ。

シード常連のある実力派選手は今週、こう話した。

「できることなら、春から秋までに、ギュッと試合を詰め込めたらいいのに。そうすれば休む(上位の)選手が出てくる。今のままではオレだって、落ちたらシードを取り返せるか分からない。若手には厳しい」

試合が行われないオープンウィークの多い、前半戦の“歯抜け”のスケジュールを問題視するのである。

ただ試合が少ないだけではない。現状の日程との間で生まれるマイナスのスパイラル。ニューヒーロー創出、ツアーのフィールド活性化に苦しむツアーの現状は、さまざまな要素が複雑に絡み合っている。(愛知県みよし市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2014年 トップ杯東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。