ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

“機は熟した”宮里優作がチャージをかける

国内男子ツアー「東建ホームメイトカップ」は2日目が強風のため、各選手スコアメイクに苦しんだが、初日と3日目はバーディ合戦。そして、最終日は雨も降る予報で、2日目のように耐え凌ぐ戦いが予想される。

その展開を大会前から待ち望んでいた男がいる。プロキャディの杉澤伸彰氏だ。今大会が始まる前の会場内は「マスターズ」直後で、アダム・スコット(オーストラリア)がプレーオフを制し、初のメジャータイトルを獲った話で持ちきりだった。

正規の最終18番でキャディのスティーブ・ウィリアム氏がスコットにラインのアドバイスを的確にしたこと。そしてプレーオフ2ホール目でのスティーブの立ち振る舞いを見て「あれはスティーブしかできない。自分もスティーブのようなキャディになるのが目標なんです」と熱く語る。

そして雨のマスターズ最終日、スコアを伸ばした選手と伸び悩んだ選手を引き合いに出した。「スコット、アンヘル・カブレラ、それにジェイソン・デイ。彼らの共通点は“鼻息が荒い”こと。彼らは雨が降ったぐらいでも交感神経の高まりをセーブできるので、100%の力が発揮出来るんですよ。タイガー・ウッズブラント・スネデカーは雨が降ると、闘志が鈍ってしまうタイプなんです」。

以前は丸山茂樹のキャディとして米ツアーはもちろん、数多くのメジャー大会に出場してきた経験から独自の分析を行う。さらに「日本にもスコットと同じようなタイプの選手がいますよ。宮里優作です」と。宮里もスコットもショットメーカーで、つねにベストスイングでベストショットを目指すがゆえに、集中力が高まり過ぎる(熱くなる)と、ちょっとしたミスから自分を追い込んでしまう傾向がある。

その宮里とコンビを組んで3年目のシーズンを迎えた。「あのスティーブでさえ、スコットをメジャーで勝たせるために2年半かかっているんです。自分も優作と組んでちょうどいい時期に来ていますので、この3年目で結果を出しますよ!」。その自信は絵空事ではない。杉澤氏と組んでからの宮里はプレー中の笑顔の頻度が増し、ラウンド後も肩の力を抜いた穏やかな表情が目立つようになった。

今大会3日目、12番パー5でバンカーから直接放り込みイーグルを奪うなど、6ストローク伸ばして首位と3打差の通算5アンダー4位タイに浮上した。最終日、予報通りの雨になった場合、宮里がチャージをかけることができるか、勝算は杉澤氏のキャディ力にも関わってきそうだ。(三重県桑名市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。