ニュース

欧州男子ユーラシアカップの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ユーラシアカップ
期間:01/12〜01/14 グレンマリーG&CC(マレーシア)

世界ランクはチーム最高 池田勇太はアジアを勢いづけられるか?

2018/01/11 20:45


◇欧州アジア対抗戦◇ユーラシアカップ 事前情報(11日)◇グレンマリーGC(マレーシア)◇7004yd(パー72)

数字だけを見れば、圧倒的な差に思えるかもしれない。両チームの世界ランキングを比べると、欧州は9位のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)を筆頭に、50位以内が12人中10人いる。一方のアジアは、池田勇太が36位で最上位。50位以内は、ほかにキラデク・アフィバーンラト(タイ)だけだ。

それでも、アジアのキャプテンを務めるアージュン・アトワル(インド)は胸を張る。「ここにいる12人は全員がチャンピオンだ。勝つためにはガッツとハートが必要だが、彼らはみなそれを持っている」

大会初日、池田は地元マレーシアのガビン・グリーンと組んでマッチ2に登場する。アジアチームを勢いづかせる重責を担っていると言えるだろう。グリーンは池田とのペアの良さを聞かれると、「2人とも日本食が好きなこと」と笑わせた。

実際には、グリーンは昨年のアジアンツアーで平均飛距離1位(314yd)。池田は熟練の技を誇る。初日の対戦相手となるトーマス・ピータース(ベルギー)は欧州で飛ばし屋の1人とされ、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)は23歳ですでに欧州ツアー4勝を挙げている。両ペアは相似的な組み合わせと言える。

チーム戦だけに、気合いが入るのは「間違いない」と池田は言う。日本、そしてアジアを代表する責任感と、チームで世界ランク最上位のプライドを胸に、初戦に挑む。(マレーシア・シャーアラム/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ユーラシアカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。