ニュース

米国男子WGCキャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 WGCキャデラック選手権
期間:03/03〜03/06 場所:トランプナショナルドラール(フロリダ州)

WGCタイトル独占の偉業達成に臨む欧州勢

欧州出身の選手として初めて世界ゴルフ選手権を制したのはダレン・クラークで2000年の「アクセンチュアWGCマッチプレー選手権」だった。あれから16年が経過した。今ではそのクラークが2016年の「ライダーカップ」で欧州代表を率いることとなり、彼のチーム入りを目指す選手たちは今週、歴史的偉業に挑むことになる。

もし、今週の「WGCキャデラック選手権」で欧州勢が優勝の栄冠に輝くことになると、史上初めて欧州勢が同時にWGCの全タイトルを保持することになるのである。

1年前に米国のダスティン・ジョンソンがトランプナショナルドラールで優勝した後は、ロリー・マキロイが「WGCキャデラックマッチプレー」を制したのを皮切りに欧州勢によるWGCでの連勝が始まり、8月のオハイオでアイルランド出身のシェーン・ローリーが「WGCブリヂストンインビテーショナル」を制すと、11月の中国ではWGC初出場だったスコットランド出身のラッセル・ノックスが「WGCチャンピオンズ」で堂々たる優勝を遂げた。

今週、シーズン最初の世界ゴルフ選手権が行われるマイアミでは、マキロイ、ノックス、そしてローリーを含む19人の欧州出身選手がティアップする。欧州出身選手を除くヨーロピアンツアーメンバーまでその対象を広げると、この他にも16人の国際色豊かな選手たちがタイトル奪取を目指すことになる。

ノックスは自身の記録達成もかかっている。今大会で優勝すればタイガー・ウッズ以来史上2人目のWGC2連勝となり、WGCデビューからの2連勝は史上初の快挙となる。

「僕はディフェンディングWGCチャンピオンなんだね」とおどけたノックス。「でも、真面目に、ここにいることができてゾクゾクしているんだ。ドラールは初めてだし、ここは誰もがトップの大会でプレーしたいと思っている所なので、今一度WGCでプレーできるのは最高だね」。

「僕はまだあの中国で優勝した時の波に乗っているんだ。自分のゴルフはとてもいい感じだし、良いプレーをしてパットをいくつか決められればと思っているよ」。

「僕はこれまでここで一度もプレーしたことないないけれど、良い評判はたくさん聞いたね。ウォーターハザードがらみのホールが多いことは知っている。僕は先週、ウォーターハザードの多いコースでプレーしているから、水のストレスには慣れっこなんだよ」。

今回の「WGCキャデラック選手権」は、9月のヘイゼルタインナショナルでクラーク率いる欧州代表チーム入りを狙うノックスにとって、来月にはオーガスタナショナルでの「マスターズ」デビューが控え、ビッグイベントシリーズの初戦となる。「ライダーカップ」デビューは長期的な目標となるわけだが、ノックスは欧州勢によるWGCでの成功を継続させることに意気込んでいる。

「欧州のゴルフは今や上から下までとても強いからね」とノックス。「かなり多くの選手が良い成績を収めているし、特にイングランド勢の活躍が目覚ましいから、そこにスコットランド人も食い込んでいるのはいいことだね」。

ノックスは初めの2日間を「BMW PGA選手権」王者のアン・ビョンフンと豪州のジョーダン・ズニックと同組でラウンドする。一方、米国の地でのWGC2連勝を狙うローリーは、ジミー・ウォーカーケビン・ナと同組でのプレーとなった。ノックス同様、ローリーもこれまでのキャリアで一番大きな勝利から相当な自信を得たようだ。

「あの勝利が僕の人生を変えたとまでは言わないけれど、僕のスケジュールは少し変わったね」とローリー。「あの優勝でトップ50入りを果たしたし、ヨーロッパでは5年、アメリカでは3年、シード権が免除されることになったからね。これで物事が楽に回るようになったし、プレッシャーも少し軽くなったんだ。アクロン(ブリヂストンインビテーショナル)での優勝はとても楽しかったし、今週も今一度WGCでの優勝を目指す楽しい1週間になるね」。

タイトル獲得へ向け、木曜の現地時間午前11時32分にティオフするマキロイは、公式世界ゴルフランキングで自身の上に位置するただ2人の選手であるジョーダン・スピースジェイソン・デイと共にプレーする。

また、セルヒオ・ガルシアも有力な欧州勢の優勝候補の一角であり、彼は「WGCキャデラック選手権」ではウッズに次ぐ7度のトップ10入りを果たしている。

先週、米PGAツアーの「ホンダクラシック」で2位に入った勢いを加速させたいガルシアは、同じくヨーロピアンツアーメンバーで南アフリカ出身のブランデン・グレース、そして2014年の大会王者である米国のパトリック・リードと同組で午後12時49分にティオフする。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGCキャデラック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!