ニュース

米国男子WGCキャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 WGCキャデラック選手権
期間:03/03〜03/06 場所:トランプナショナルドラール(フロリダ州)

回復待つ松山英樹 開幕2日前は練習場でウェッジの打ち込みも

2016/03/02 09:02


フロリダ州のトランプナショナルドラールで行われる「WGCキャデラック選手権」開幕2日前の1日(火)、松山英樹は当地で午後から練習を行った。前週の「ザ・ホンダクラシック」を2日目に股関節痛のため途中棄権。回復具合と出場可否が心配される中、慎重な調整ぶりが目立った。

松山はこの日、前日2月29日(月)には行わなかったドライビングレンジでの打ち込みから練習をスタート。ウェッジなどの短いクラブが中心で、アイアンやウッドについてはそれぞれ数球ずつ、力を抑えたショットで感触を確かめた。

その後は1時間あまりのパット練習のあと、ウェッジとパターを手にインの9ホールをコースチェック。アウトを回った前日同様、グリーン周辺のショートゲームがメインだったが、時折130yd前後のウェッジショットも見せた。

ラウンド後は再びドライビングレンジへ向かい、ダンロップスポーツの担当者と複数のウェッジをテスト。結局コースをあとにしたのは午後6時前だった。

飯田光輝トレーナーは「(きょうは)良くなっているので、朝もトレーニングをして、球数と距離も増やして打ちました。試合に出られるような準備段階は踏んでいます」とコメント。

今大会はプロアマ戦がなく、あすの開幕前日の調整方法は再びコンディションを確認してから決めることになる。「あとは彼自身の感覚と相談です。きょう体を動かしてみて、あしたの朝、起きたときに状態が悪化しているのか、いないのかという点を判断しなくてはいけません。それを見極めたい」と今後の長いシーズンも考えながら、ティオフの可能性を探る。(フロリダ州ドラール/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGCキャデラック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!