ニュース

欧州男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/20〜02/24 場所:リッツカールトンGC(米国アリゾナ州)

シード選手が相次いで姿を消す中、ローリーとマクドウェルが3回戦進出

2年前の王者、L.ドナルドが2回戦で姿を消す

全米オープン優勝経験者のグレーム・マクドウェル(北アイルランド)は、波乱が続くアリゾナの「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」で、ロリー・マキロイを破ったシェーン・ローリー(アイルランド)と対戦することになり、ベスト16でアイルランド勢対決が実現することとなった。

2回戦で敗れたルーク・ドナルドもまた、大物食いが続出する今年初めてのWGCの餌食となった。

<< 下に続く >>

マキロイとウッズの世界ランキングトップ2が初戦で姿を消すと、2回戦では今大会第3シードであり2011年大会覇者のドナルドもスコット・ピアシーに7&6で敗れたのである。

また、ジャスティン・ローズルイ・ウーストハイゼンも敗れ去った今、ベスト16へ進んだ中では、ライダーカップのチームメイトであるジム・フューリックを延長4ホールの末に退けた第8シードのバッバ・ワトソンが最もランキングの高い出場者となった。

同じく、現在残っているのは、2010年優勝のイアン・ポールターフィル・ミケルソンブラント・スネデカーの欠場により大会へ参加しマキロイを破ったローリー、そしてマクドウェルである。

2人のアイルランド人と、ポールターと南アフリカのティム・クラークとは、それぞれ大会序盤の雪による遅延のため2ラウンド行われることになった土曜日の、始めのラウンドである3回戦で対戦する。

世界ランク37位で地元アメリカ出身のピアシーは、5番ホールでセカンドショットの4番アイアンをカップに入れてイーグルとし、通算30の6アンダーで前半を折り返した。「スコットは非常によかったが、私はごく普通のプレーだった」とドナルド。「このコースでは良いドライバーショットが求められる。しかし、今日は思うようにドライバーが打てず、スコットにプレッシャーを与えることが出来なかった」、「でも彼は、12ホールで7アンダーだったからとても安定していたね」、「グリーンではチャンスはいくつかあったが、どういうわけかパットが全然決まらなかったから、もう家に帰るしかないね」

ピアシーと同じくらい印象的なプレーを展開した3年前の優勝者ポールターは、ボー・バン・ベルトに対して、3&1で勝利しベスト16へ駒を進めた。一方、第5シードのローズは4&2でライダーカップチームメイトのニコラス・コルサートに敗れた。

マッチプレー巧者のI.ポールター
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!