ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ルーキー・オブ・ザ・イヤーは金谷拓実と古江彩佳 松山ら4人が特別賞/GTPA選出

日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)は22日、2020年-21年の「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人賞)」と「特別賞」を発表した。新人賞は男子が今季2勝を挙げて賞金ランキング2位の金谷拓実、女子は今季6勝を挙げて年間最優秀選手賞に輝いた古江彩佳が選ばれた。ともに前回の2019年に特別賞に続き、2回連続の受賞となる。

特別賞は日本人として初めて海外メジャー「マスターズ」を制した松山英樹、「東京五輪」で日本ゴルフ界初のメダリストになった稲見萌寧、海外女子メジャー「全米女子オープン」を制した笹生優花、アマチュア世界ランキング1位を保持する中島啓太の4人が受賞した。

<< 下に続く >>

受賞の喜びに加え、金谷は「メジャーで全く成績が残せなかったのが悔しいです…。来年はメジャーでリベンジをすべく、自分に何が足りないかオフに反省して しっかりと準備・調整していきたい」と意気込みを語り、古江は「新しい環境でプレーできることを楽しみにたくさん勉強したい」と来季の米女子ツアー参戦を見据えた。

2011年の特別賞、2013年の新人賞に続く3度目の受賞となった松山は「ますますの励みになります。日本のファンの皆さまの前で、全力のプレーをお見せできるようにこれからも頑張りたいと思います」とコメントした。

五輪銀メダルに賞金女王と「今年は私自身にとって特別な1年」になったという稲見は「この結果に慢心することなく、このオフもしっかりとトレーニングや練習に取り組み、来年もまた皆さまに応援していただけるよう目の前の1試合1試合を大切に戦いたい」とし、中島は「海外メジャー3つ出場できるのでしっかりと自信と自覚をもって100%の力を出せるように準備したい」と、来年の戦いへ向けて抱負を口にした。

同賞は1998年から始まり、23回目となる今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から表彰式は行われず、選出された選手はリリースを通じてコメントを寄せた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!