最近のニュース 新着一覧≫


2019/06/01リゾートトラストレディス

アマチュア古江彩佳が首位で最終日へ 1打差に河本結

◇国内女子◇リゾートトラストレディス 2日目(1日)◇グランディ浜名湖GC (静岡)◇6560yd(パー72) 首位と3打差の7位から出たアマチュアの彩佳が8バーディ、1ボギーの「65」でプレー
2019/05/26中京テレビ・ブリヂストンレディス

初めてのイーグル2発 古江彩佳はベストアマ

◇国内女子◇中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 最終日(26日)◇中京ゴルフ倶楽部石野コース(愛知県) ◇6482yd(パー72) 46位から出た彩佳が2イーグル4バーディ、1ボギーの
2019/04/11スタジオアリス女子オープン

ハウスキャディもこなす研修生 古江彩佳は予選会で「64」

倶楽部に研修生として所属する18歳の彩佳だ。 8日(月)の予選会を8バーディ、ノーボギーの「64」でプレーし、後続に5打差をつける8アンダーのトップで通過した。ジュニア時代に回ったことのあるコース
2017/07/28大東建託・いい部屋ネットレディス

「憧れは宮里藍」17歳アマの古江彩佳が5位浮上

2年のアマチュア彩佳が5バーディ、1ボギーの「68」。通算7アンダーで15位から5位に浮上した。 「安定したプレーができてよかったです。ジュニアの試合とは雰囲気も違ったけど緊張はしなかった」 前半
2019/02/26ダイキンオーキッドレディス

国内女子ツアー開幕直前 達成が期待される主な記録は?

更新は逃したが、今季は同級生の彩佳(滝川第二高3年)がその快挙に挑むことになる。 古江は2016年「日本女子オープン」から18年の同大会まで予選落ちがなく、継続中としては最多の7試合連続で通過して
2019/06/10トヨタジュニアワールドカップ

「トヨタジュニアW杯」歴代日本チームメンバー

二高3年) 彩佳(滝川第二高3年) 西村優菜(大阪商業大高3年) 2017 三田真弘(代々木高1年) 植木祥多(埼玉栄高3年) 米澤蓮(盛岡中央高3年) 関藤侑嗣(広島国際学院高3年) 佐渡
2018/06/15トヨタジュニアワールドカップ

日本女子が10打差圧勝で3年ぶりの優勝!/トヨタジュニアW杯

で、この日ベストの5アンダーをマーク。彩佳(同・滝川第二高3年)と西村優菜(大阪商業大高3年)もそろって3アンダーと好調で、チームスコアをこの日8ストローク伸ばした。 2位は通算12アンダーの韓国
2019/06/11宮里藍サントリーレディス

比嘉真美子、鈴木愛、勝みなみらが国内復帰戦

彩佳と同組。 4月の「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」優勝者のアマチュア安田祐香(大手前大1年)もエントリー。予選ラウンドは成田、原英莉花と同組でプレーする。 昨年から大会アンバサダーに就任している宮里藍さんが初日からサイン会、オリジナルカード配布会などのイベントを行い、大会を盛り上げる。
2019/06/01リゾートトラストレディス

渋野日向子「今では武器」のパットで2勝目なるか

通算8アンダー3位タイとした。最終日は同年代の河本結、アマチュアの彩佳とともに最終組からスタート。5月のメジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」に続く2勝目を目指す。 出だし
2019/06/02リゾートトラストレディス

“ジャンボの愛弟子” 原英莉花が初優勝 PO制して涙

、まずは1勝できました、と報告したい」と言葉にした。 単独首位から出たアマチュアの彩佳は「70」でプレー。河本結と並んで通算12アンダーの3位に終わった。 通算10アンダー5位に穴井詩と小祝さくら。通算9アンダー7位に浅井咲希、丹萌乃、笠りつ子の3人が並んだ。
2019/05/31リゾートトラストレディス

原英莉花が単独首位発進 20代前半の若手が上位を独占

た。 アマチュアの彩佳が3アンダーの7位発進とし、5人が出場するアマ勢の最上位につけた。 賞金ランキング3位で今週のフィールド最上位となるイ・ミニョン(韓国)は、今季7試合目のアン・シネ(韓国)らと並び1アンダーの26位で初日を終えた。
2019/05/04パナソニックレディース

鈴木愛とイ・ミニョンが首位 3打差に20人の大混戦

彩佳ら11人が並んだ。 前週優勝の申ジエ(韓国)は通算2アンダーの41位。2週連続2位フィニッシュの吉本ひかるは、カットラインに1打届かない通算1アンダーの56位で予選落ちした。
2019/04/28アジアパシフィック女子アマ

安田祐香が独走で初優勝 メジャー2大会の出場権/アジア女子アマ

韓国勢。通算1オーバーの5位に、前年大会はプレーオフで敗れた西村優菜が続いた。 日本勢は以下、通算3オーバーの7位に彩佳、通算6オーバーの12位に吉田優利、通算8オーバーの17位に小倉彩愛、梶谷翼、佐渡山理莉。通算17オーバーの41位に後藤未有が続いた。