ニュース

米国女子ナビスターLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ナビスターLPGAクラシック
期間:09/27〜09/30 場所:ロバートトレントジョーンズ(アリゾナ州)

S.プラマナス、首位をキープ!宮里藍はいいところ無く予選落ち

アリゾナ州にあるロバートトレントジョーンズ・キャピトルヒルで開催されている、米国女子ツアー第22戦「ナビスターLPGAクラシック」の2日目。ステイシー・プラマナスがこの日もスコアを伸ばし、首位の座を守っている。

単独首位でスタートしたプラマナスは、初日ほどの勢いは無かったものの、1イーグル3バーディ1ボギーと、安定した内容のゴルフを展開。通算13アンダーまでスコアを伸ばして、引き続き単独首位に立っている。

<< 下に続く >>

これに続くのは、こちらも初日に引き続きロレーナ・オチョア(メキシコ)。15番までは2バーディ1ボギーという内容ながら、終盤3ホールを見事に3連続バーディで締めくくり、「女王」の貫禄を見せた。通算スコアは首位から3打差の10アンダー。残り2日で十分逆転可能なスコアだ。

3位タイでスタートしたリンゼイ・ライトは、スタートホールでボギーを叩いた後は、5つのバーディをマークして盛り返し、通算9アンダー。単独3位につけている。続く4位タイには通算7アンダーでビラダ.N(タイ)とマリア・ヨース(スウェーデン)が並んでいる。また、故障から復帰したものの、初日7オーバーと沈んだ宮里藍は、この日もトリプルボギーを叩くなど、調子が上向くこと無くそのままホールアウト。通算14オーバー、単独138位で予選落ち。東尾理子も通算12オーバー135位タイで予選落ちしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ナビスターLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!