ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全米女子オープン
期間:06/28〜07/01 場所:パインニードルロッジ&GC(ノースカロライナ)

C.カーがメジャー初タイトルを獲得! 宮里藍は10位タイフィニッシュ!

ノースカロライナ州のパインニードルスロッジ&GCで開催されている、海外女子ツアーのメジャー第3戦「全米女子オープン」の最終日。連日サスペンデッドとなっている影響で、宮里藍大山志保横峯さくらの3人は第3ラウンドの残りと最終ラウンドをプレーした。

通算1アンダーの暫定7位タイで12番からスタートした大山は、第3ラウンドの残り7ホールでスコアを3つ落としてしまう。最終ラウンドに入ってもリズムを取り戻せず、15番でダブルボギーを叩くなど「75」。通算6オーバーの22位タイでホールアウトした。また、横峯さくらも第3ラウンドの残り5 ホールで1つスコアを落とすと、最終ラウンドに入るとボギーが先行する苦しい展開。結局「73」とし、大山と同じ通算6オーバーの22位タイで終了。共に 20位以内に与えられる来年度の大会のシード権には、惜しくも届かなかった。

<< 下に続く >>

また、第3ラウンドを4ホール残した時点で通算4オーバーの27位タイだった宮里藍は、9番ホールでボギーを叩いてしまい、通算5オーバーで最終ラウンドへ。13番までで4つスコアを伸ばす快調なプレーを続け順位を大きく上げていたが、14番、18番でボギー。それでも今週初の60台となる「69」をマーク、通算3オーバーの10位タイフィニッシュ。来年の出場権を見事に獲得した。

ビッグタイトルを手にしたのは、通算5アンダーまでスコアを伸ばしたクリスティ・カー。悲願だったメジャー初タイトルを獲得し、節目となる通算10勝目は最も記憶に残る勝利となった。米国人プレーヤーのタイトル獲得は2004年大会のメグ・マローン以来で、18番グリーンはギャラリーの大きな歓声が響き渡った。

また、2打差の通算3アンダー2位タイには、アンジェラ・パーク(ブラジル)とロレーナ・オチョア(メキシコ)。オチョアは勝負のバックナインでスコアを1つ落とすなどし、メジャー初タイトル獲得は再び夢に消えてしまった。通算2アンダーの4位タイには、朴セリ(韓国)とI-B.パークが続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!