ニュース

米国女子ピュアシルク バハマ LPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

野村敏京が首位キープ 日本勢は4人が決勝ラウンドへ

◇米国女子◇ピュアシルク バハマ LPGAクラシック 2日目◇オーシャンクラブGC(バハマ)◇6625yd(パー73)

首位タイからスタートした野村敏京が6バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、通算8アンダーでその座をキープした。初日を終えて7人が首位に立った混戦をリード。自身初となるトーナメントリーダーでの決勝ラウンド進出を決めた。

同じく首位に並ぶのはメーガン・カンチャーリー・ハル(イングランド)の2選手。カンは2015年「全米女子オープン」でローアマチュアを獲得し、同年にプロ転向した18歳ルーキー。1打差の通算7アンダーには前年覇者のキム・セヨン(韓国)ら4選手が続いた。

野村と同じく首位からスタートした宮里美香は3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「74」とし、通算4アンダーの13位に後退した。2つ伸ばして折り返した後半で、14番、15番(パー5)と連続ボギー、さらに16番でダブルボギー。良い流れを切る3ホールの乱調が響いた。

宮里藍は「71」で通算イーブンパーの46位。横峯さくらは「73」で通算2オーバーの69位とし、カットライン上で辛くも決勝ラウンド進出を決めた。上原彩子は「79」と6つ落とし、通算6オーバーの95位で予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。