ニュース

米国女子コーツゴルフ選手権 by R+L Carriersの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が通算2アンダーで浮上 女王ルイスは1歩後退

◇米国女子◇コーツゴルフ選手権 by R+L Carriers 2日目◇ゴールデンオカラGC(フロリダ州)◇6541yd(パー72)

大会2日目、霜のため第1ラウンドサスペンデッドによる未消化ホールの再開と、第2ラウンドスタート(ともに7時30分予定)が約1時間半遅れてスタートした。この日は50人の選手がホールアウトできず、第2ラウンドの未消化ホールは、明朝7時30分に再開される予定だ。

暫定首位に、8バーディ1ボギーの「65」をマークして通算12アンダーとしたジャン・ハナ(韓国)。第1ラウンド終了時点で首位に立ったステーシー・ルイスは4バーディ2ボギーの「70」で回り、通算8アンダーの暫定2位に後退した。通算7アンダーの暫定3位に、ホールアウトしたリディア・コー(ニュージーランド)、アサハラ・ムニョス(スペイン)、4ホールを残したアンジェラ・スタンフォードと、5ホールを残したオースティン・アーンストの4選手が並んでいる。

3選手が出場する日本勢では、午後組でスタートした宮里藍が、3ホールを残してサスペンデッドを迎えたが、通算2アンダーとして暫定16位に浮上。インからスタートし、後半の6番まで終えた時点で4バーディ、1ボギーとし、初日の1オーバーから3つスコアを伸ばしている。

宮里美香は2ボギー1ダブルボギーの「76」とスコアを落とし、通算6オーバーの暫定87位、上原彩子は1バーディ3ボギー1トリプルボギーの「77」と崩れ、通算11オーバーの暫定109位で予選通過は厳しい状況だ。

関連リンク

2015年 コーツゴルフ選手権 by R+L Carriers




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~