ニュース

米国女子コーツゴルフ選手権 by R+L Carriersの最新ゴルフニュースをお届け

進行遅れのしわ寄せ…美香と上原は2ホールを残して日没サスペ

米国女子ツアーの今季開幕戦「コーツゴルフ選手権 by R+L Carriers」は28日(水)に初日を迎え、現地18時10分過ぎに日没サスペンデッドに。ホールアウトできなかった20人には宮里美香上原彩子が含まれ、ともに2ホールを残して中断のホーンを聞いた。

宮里は16番を終えて2オーバーの暫定55位、上原は7番を終えて5オーバーの暫定88位としている。

この日は悪天候による中断はなかったが、午前組からハーフにして約2時間40分ほど費やすなど進行が遅れ、午後組はスタートタイムが25分もずれこんだ。宮里と上原はアウト、インからともに13時30分ごろのティオフを強いられ、全体的な進行遅れのしわ寄せが終盤組にいってしまった形だ。

選手たちにとって、数カ月のオフを挟んで初の実戦となる開幕戦。進行が遅くなりやすい状況も理解できるが、今週は120人に絞られたやや少ないフィールドでも全組ホールアウトできなかった。「もっと(出場選手数を)少なくしてもいいくらいだけど・・・コースの難しさもあると思います」と上原。

このままだと明日も引き続きサスペンデッドになる恐れもあるが、2人はともに、明日の2日目は午前スタート。7時30分から再開する第1ラウンドの未消化ホール終了後、順調にいけば8時50分に第2ラウンドをスタートできる見込みだ。「明日は午前スタートで良かった」という宮里だが、天気予報では朝から霜注意報が出ているのが、少々気がかり…。(フロリダ州オカラ/塚田達也)

関連リンク

2015年 コーツゴルフ選手権 by R+L Carriers




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~