ニュース

米国女子スウィンギングスカートLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 スウィンギングスカートLPGAクラシック
期間:04/23〜04/26 レイクマーセドGC(カリフォルニア州)

17歳が初優勝に王手 横峯さくらは15位に後退

◇米国女子◇スウィンギングスカートLPGAクラシック 3日目◇レイクマーセドGC(カリフォルニア州)◇6,507yd(パー72)

単独首位からスタートした17歳のブルック・ヘンダーソンが3バーディ、3ボギー「72」でプレーし、その座をキープ。2位に1打差のリードをつける通算9アンダーで、カナダ期待の若きホープがツアー初優勝のチャンスをつかんだ。

ヘンダーソンは昨年12月、世界アマチュアランクトップ在位のままプロ転向。プロ2試合目となる今週で早々に優勝争いへと加わり、17歳以下ではリディア・コー(ニュージーランド)、レクシー・トンプソンに次ぐ3人目の優勝も現実味を帯びてきた。

通算8アンダーの2位に、モーガン・プレッセルカク・ミンソ(韓国)。通算6アンダーの4位にリディア・コー(ニュージーランド)、さらに1打差の5位にフォン・シャンシャン(中国)とステーシー・ルイスが続く。

首位から3打差の3位でスタートした横峯さくらは、前半3番(パー3)でダブルボギーを叩くなど序盤からつまずき、バーディは最終18番(パー5)の1つにとどまる「77」。通算1アンダーの15位に後退した

関連リンク

2015年 スウィンギングスカートLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~